02.14
Fri
20200214195259d1a.jpeg

20200214191311de9.jpeg

リトアニア🇱🇹の紡ぎ車3の補修その9は、いよいよワックス塗りです。

全てのパーツを並べました。

20200214195810aee.jpeg

塗装は、アンティークワックスを使います。

これは、蜜蝋など自然のものを主体に色をつけたワックスです。

最初にリトアニアの紡ぎ車をKatsuji-Forest Gallery で修理してもらった時に
今後アンティーク紡ぎ車をメインテナンスするときに便利ですよ、と勧めてもらったものです。

20200214195300ec0.jpeg

Jマートで入手できました。
色は「ダークオーク」にしました。

最初のリトアニアの紡ぎ車は、「ウォルナット」で塗装してもらいましたので
今回は、違う色にしてみました。

20200214191317480.jpeg

ちょっとドキドキしますが、一番大きなホウィールから塗り始めました。

202002141913155cd.jpeg

画像では、濃い色に見えますが、実際は透明感が強く、
色はとても薄く感じます。

20200214191321a02.jpeg

30分以上置いてもう一度塗って、乾燥させて、
最後によく拭き込みました。

20200214191314689.jpeg
202002141913201a3.jpeg

ホウィールの作業前後。

20200214191325a8f.jpeg
20200214191324886.jpeg

同じように2度塗りしても、パーツによって
色の濃さにかなりの違いが出ました。

そんな中、一度塗りでしっかり濃くなったのは、ボビンでした。

表面がザラザラしているとか、元の塗装が残っているとか
あまり関係なさそうなのが不思議です。

20200214191312483.jpeg
20200214191318c6b.jpeg

各パーツの作業前後。

2度塗りして乾燥後、拭き込むとツヤも出ました。

ツヤが全く出なかったのは、ディスタフ2本です。
これは、金属コイルたわしで塗装剥がしせずに、
皮むきヤスリで水洗いしながら塗装を落としたもので、
表面がザラザラのままだったのです。

もっと丁寧に、目の細かい紙やすりで磨いてから塗るべきでした。
まだ間に合うなら、ヤスリをかけて磨いてからもう一度ワックス塗りをしてみます。

他のパーツもまだ色が薄いので、少し時間を置いてから、
あと2回くらいワックスを塗って仕上げたいです。

次は、補修の総まとめをして、10回目で補修記事を終了したいです。




⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
02.13
Thu
20200214152211a81.jpeg

リトアニア🇱🇹の紡ぎ車3の補修その8は、
ホウィールとフライヤーセットとスペアのボビンです。

2020021415191747c.jpeg

202002141519194c9.jpeg

もっとも汚れ付着が激しくそして大きな部品のホウィールです。
補修最期の砦です。

20200214151922b61.jpeg

なんといってもすごいのが、このホウィールのハブ部分です。

油汚れの付着が半端なく、そしてその上からニスまで塗ってあります。

20200214151920030.jpeg

油を差さないスポークにまで油が流れたのか
激しく汚れ、そしてニスの上塗りでテラテラと光ってます。

20200214151923186.jpeg

ハブとスポークに、オリーブオイルを塗ってしばらく置き、
汚れと塗装を一気に落とします。

スポークは、おもしろいように汚れと一緒に塗装も剥がせました。

2020021415192575d.jpeg

スポークまでは良かったのですが、ハブの真っ黒な油の付着は、
擦っても擦っても、ビクともしません💦

午前中いっぱい頑張りましたがあまり進展なし。

翌日に持ち越して、連れ合いにも下請けに出し頑張るもまだまだ。

もう一日、頑張りました。

20200214151926db5.jpeg

3日かけてここまでです。

202002141519289c5.jpeg

表裏ともに、ハブは荒い目の紙やすりもかけたのですが、
木部奥まで油が染み込んでいて、きれいにはなりませんでした。

20200214151931152.jpeg

202002141519297eb.jpeg

木部表面を削り取ったとしても、黒ずみは取れず、これにて終了です。
このあと、ワックスを塗るとどのようになるか、やってみてのお楽しみです。

2020021415193856a.jpeg

さて、最後は、フライヤーとスペアのボビンです。

一番左のフライヤーセットがこの紡ぎ車のオリジナルのものです。
右の2セットは、別に今回合わせて買ったものです。

一番右端は、少しサイズが小さい(スピンドル部分が短い)ので使えるかどうかわかりません。
中央のものは、サイズがほぼ同じなので、使えると思います。

202002141519373c9.jpeg

スペアのボビンが2個付いているというのが、
この紡ぎ車の売りの一つでしたが、よく見ると、
どちらもオリジナルのボビンと形が違います。

たまたまサイズが近いので付けたというだけのようでした⤵️

20200214151935b18.jpeg

さて、これがオリジナルのフライヤーセットです。

2020021415193455b.jpeg

この補修作業を始める前に、塗装を落としてありました。
アームの中央部は、石膏のようなもので補修して厚く塗装がしてあったため、
塗装を落とすと、とても醜くなってしまいました。

ワックスだけでは、石膏をカバーできないので、
再塗装も検討しています。

202002141519326bf.jpeg

この3セットとボビン2個の塗装剥がしは、
順調に終了しました。(画像は作業前)

202002141608011c8.jpeg

作業のまとめです。

20200214160804baf.jpeg

ホウィールの作業前後。

202002141607566a4.jpeg

フライヤーセットの作業前後

202002141607598f3.jpeg

フライヤーセット2の作業前後。

このフライヤーの糸かけフックは、片側はステンレス製に交換済みできれいですが、
反対側は、銅製で、なぜか全て短くカットされ、使えそうもありません。

ステンレス製のフック側のみで紡げば使えそうです。

20200214160758622.jpeg

フライヤーセット3の作業前後。

このフライヤーは、塗装ではなくニスだけが塗ってありました。
意外と落とすのは大変でした。
特に糸かけフックの間は、指が入らないので時間がかかりました。

糸かけフックは全て錆びていて、
そこへ汚れや糸の繊維が絡みついています。

ワックスがけ後に念入りに磨こうと思います。

2020021416075509c.jpeg

予備のボビン2個。
左は塗装が簡単に落ちましたが、右はあまり落とせませんでした。

材の違いのためなのか、塗料が違うのかわかりません。

これで全てのパーツの塗装落としが終わりました⤴️

いよいよ、ワックスがけのお楽しみに入ります。



⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
02.12
Wed
20200212220246e0a.jpeg

今日は、整体の日。

山麓は朝から、クラウドシップが空いっぱいに広がって、
なんとも言えない明るいのどかな雰囲気です。

20200212220249b61.jpeg

国道141号を韮崎方面へ向かうと、前方もクラウドシップがいっぱいです。

20200212220249d76.jpeg

富士山上空も。

船団が空を覆い尽くしています〜〜何かあるのでしょうか?

2020021222025137f.jpeg

20200212220252f3b.jpeg

国道20号線に出て、八ヶ岳を振り返ると、
佐久方面にも巨大なシップが滞空。

20200212220254933.jpeg

20200212220255fa9.jpeg

さて、無事に今日の整体が終わって、
いつものように同じ竜王町の信玄堤にやってきました。

2020021222031349f.jpeg

クラウドシップはかなり霧散したようですが
それでも残滓がぷかぷかと浮かんでいます〜〜

2020021222025767d.jpeg

富士山の真上にも滞空。

富士山の上に吊るし雲がかかるとお天気が崩れるといいますが
明日の天気は大雨との予報も入ってきました。

202002122203033bf.jpeg

白峰三山の上空にも。

20200212220258af6.jpeg

八ヶ岳山麓からは、去っていったようですが、
南アルプスの端っこ、甲府盆地の先の山の上など
まだあちらこちらに、たくさん残っています・・・・

20200212220310809.jpeg

202002122203104b5.jpeg

20200212220311d73.jpeg

20200212220311c12.jpeg



20200212220300e94.jpeg

鳳凰三山は、今年はあまり白くなっていません。

2020021222030351c.jpeg

気温が上がってきて、八ヶ岳はまるで春かすみの中。

2020021222031016f.jpeg

今日も雪ちゃん参加で、午後のお散歩を楽しみました。

20200212220312f5c.jpeg

仲良く寄り添うカラスを見つけました〜〜
熱々新婚さん?

明日からお天気は荒れるらしい〜〜春の嵐でしょうか?


⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

comment 0 trackback 0
02.11
Tue
2020021122332252f.jpeg

劇団文化座で、2月20日から上演される「炎の人」

20200211224100ce5.jpeg

連れ合いの著書「書簡で読み解くゴッホ」(逆境を生き抜く力)


を座長の佐々木愛さんがお読みくださり、招待してくださいました。

202002112233239a1.jpeg

ゴッホ自身が切り裂いた、ひまわりの絵。
強烈な印象のパンフレットです。

20200211223320ac4.jpeg

こくみん共済ホールは、新宿駅南口から徒歩5分。
清里から行くには、とても有り難い場所です。

2020021122331783b.jpeg

右上の写真の方が、佐々木愛さんです。

20200211223318663.jpeg

主演は、藤原章寛さん、眼光鋭いゴッホです。

20200211223316c8c.jpeg

20200211223329596.jpeg

どんなゴッホが現れるのか、楽しみです。

20200211223326729.jpeg

ゴッホとは無縁の弛緩した固まり。

20200211223325f7f.jpeg

雪ちゃんもお腹を見せて、ゆるーくリラックスできるようになりました。

202002112233285d2.jpeg

でも、声を掛けて注目すると身を硬くします🙀




⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

comment 0 trackback 0
02.09
Sun
20200209222707523.jpeg

冷え込みが続いています。
寒特フェアは3日連続の50%オフです。

昼食後、国道141を下って出かけました。

県道28号線の高原大橋が頭上高く見えるこの光景が好きです。

202002092227084db.jpeg

昼食後の急な思いつきでやってきたのは伊那市です。

産直市場伊那グリーンファームです。
雲ひとつない快晴で、南アルプスの山々がきれいに望めました。

20200209222723332.jpeg

左から甲斐駒ケ岳、仙丈ケ岳、間ノ岳、農鳥岳。

続いて右手にうっすらと続くのが、塩見岳 東岳 荒川岳 赤石岳。

全て3000m越え の山々。八ヶ岳山麓側からは見えない赤石山脈です。

202002092228092c2.jpeg

甲斐駒ケ岳

20200209222810faa.jpeg

仙丈ケ岳

20200209222812bf5.jpeg

塩見岳?

20200209222712045.jpeg

さてお買物です。

グリーンファームでは平飼い有精卵は当たり前。

烏骨鶏有精卵もあります。

前回と同じ「大地の平飼い有精卵」にしました。

202002092227187b7.jpeg

りんごは、ジュースにもするし、毎食前にも食べるので、たくさん買います。

大きくて立派な地元産のりんごが6個入って480円。

奥に見えているのは、広島産のレモン🍋。
ノーワックス無農薬で皮まで食べられるレモンです。
これもにんじん🥕ジュースに入れるのでたくさん買います。

20200209222715bca.jpeg

信州の名物、いなご、蜂の子、ざざ虫、蛹の4点セット。

これからの時代に注目を浴びる昆虫食ですがまだ試したことはありません。

20200209222717ed1.jpeg

鹿肉猪肉は、やや馴染みあり。
熊肉は、ちょっと抵抗があります。
「なめとこ山の熊」が好きだから。

噂の武漢の市場では、コアラも売られているのだとか。

なぜコアラを食べると、眉をひそめられるのか?……可愛いから。
可愛くなければ食べてもいいのか?……身勝手ですね……

20200209222714433.jpeg

地元産のお米を食べる、という発想は、
都会暮らしでは全く思いもよらないことでした。

水がおいしいと、お米も美味しくなるんです。

20200209222721473.jpeg

一時期、もてはやされた生キャラメル、あります。

202002092227092df.jpeg

建物の外では、懐かしいような古道具が積み上げられています。

味噌樽でしょうか、漬け物樽でしょうか。

2020020922271182d.jpeg

だるまストーブ。

お釜の乗ったストーブ、災害時に重宝しそう。
美味しいご飯が炊けそうです。

20200209222805ad6.jpeg

隣接している動物コーナーも随分きれいにリニューアルされました。

202002092227357e4.jpeg

レンタル用の山羊がいっぱい🐐います。

202002092237239ea.jpeg

立派な角には触らせてもらえませんでした。
山羊も色々種類があるんですね。

202002092228046e7.jpeg

日向ぼっこしたり…

20200209222730fee.jpeg

藁のごはん食べたり…

2020020922272242d.jpeg

にんじん🥕もらったり…

20200209222724835.jpeg

ストーブに首ったけだったり。

20200209222726a48.jpeg

202002092227275c8.jpeg

うさぎさんもたくさんいます。

20200209222729875.jpeg

20200209222806159.jpeg

薪も各種あり。

軽トラがあったら買いたいのですが。

2020020922280872c.jpeg

しいたけ栽培用のクヌギの原木。

しいたけを作らなくても、買って飾りたくなる美しい木肌です。

20200209222814e06.jpeg

さて、買い物後は、近くの大芝公園でお散歩です。

20200209222815af2.jpeg

20200209222817d40.jpeg

初めて大芝公園らしい写真が撮れました📷






⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

comment 0 trackback 0
back-to-top