02.18
Tue
20200218154201d3d.jpeg

リトアニア🇱🇹の紡ぎ車のメンテナンスも終盤になりました。

その10では、まとめをして終了する予定でしたが、
まだもう一つだけ重要な補修が残っていました。

その10では、フロントメイデンのフライヤー軸受けのお直しです。

その10まで各パーツのお直し記事で、この次の記事で総まとめをします⤴️

2020021815503139e.jpeg

オリジナルのフライヤー軸受けは、ぼろぼろな状態で、
はずれそうになっているところを、釘6本❗️で無理矢理留めてありました。

全ての釘を抜いて、千切れていた革を取り出しました。

20200218154141de0.jpeg

さて、前もってネットオークションで、厚さ5ミリの革の端切れを
見つけられたのは幸運でした。

カットする前に、デザインを考えます。

20200218154154170.jpeg

リトアニア🇱🇹の紡ぎ車の初代です。

正方形で厚みは約5ミリ。

メイデンの中央で木釘で留めてあります。

202002181541588c2.jpeg

2枚合わせになっています。

おそらくオリジナルで、革が油をよく吸い込んで、
真っ黒になり、頼もしいかぎりの姿です。

2020021815415785a.jpeg

こちらは、ドイツ🇩🇪メーリンゲンのダブルフライヤーの紡ぎ車。

不思議な五角形です。

202002181541556e5.jpeg

厚みは5ミリ近くあります。

メイデンを貫通して、反対側で小さな楔で留めてあります。
惚れ惚れする細かい仕事です✨

202002181542005af.jpeg

リトアニアの初代の軸受けを参考に正方形にカットしてみます。

20200218154142ac9.jpeg

革の細工用の道具を持っていないので、ハサミでカットしてから
中央の穴を開けられないことに気づきました😓(今頃?)

さて、困った……と思ってふと見ると……

端切れの端に、楕円形の穴が開いています💡
これを使わない手はありません。

20200218154143e6c.jpeg

うまくカットできました。

20200218154145471.jpeg

けれど、穴が少し小さいです。

20200218154146159.jpeg

穴を大きくするため
糸切り鋏と木槌を使いました。

この糸切り鋏は、日本橋の老舗、木屋の「団十郎」。

お嫁に行く時(40年近く前)に母が買ってくれ、
それ以来、何度も藍染木綿布を巻き直しながら
大事に使い続けている糸切り鋏なんです。

木槌で叩いてごめんなさい🙏

20200218154149f2a.jpeg

うまく穴を広げられました。

20200218154148ea8.jpeg

反対側には、楔を入れる穴を開けます。

20200218154151f4b.jpeg

小さな楔は、とりあえず爪楊枝で。

20200218154152a90.jpeg

革に、オイルをたっぷり吸わせてから取り付けました。

20200218155029607.jpeg

オイルをぐんぐん吸い込むのには驚きました。

2枚重ねにした方が安定しそうですが、
まずはこれでフライヤーを無事に支えることができました。

初めてのことばかりでしたが、やればできるものですね。
これであとは、いよいよ組み立てて、補修が終了します😭





⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
関連記事

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://rikabeans.blog41.fc2.com/tb.php/3375-ee378589
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top