04.19
Thu
18-04-19-09.jpg

数日ぶりに気持ちよく晴れて、
日差しがぽかぽか暖かい1日〜

しばらく晴天続きの予報を見て、
昨年1月ごろに紡ぎ車で紡いだインドオーガニックコットンの糸を
豆汁の下地染することにしました。

18-04-19-02.jpg

今回は、12束(1200g)あるうちの半分、6束(600g)。

18-04-19-01.jpg

糸束には、糸の種類、日付、つむぎ方法、紡いだ順の番号を書いた紙ラベルをつけてあるのですが、
濡らすと溶けるので、はずしてからセロテープにナンバーリング。

セロテープをタコ糸につけて、
油性ペンでナンバーを書き、
書いた上にセロテープをもう1枚被せます。

これで書いた数字が消える心配なし(この方法で精錬や縒り留めも)

18-04-19-08.jpg

豆汁は作らず、成分無調整の豆乳で代用しています〜

18-04-19-03.jpg

木綿染をするときには、必ず読み直す「木綿染めの基本」(山崎青樹)

18-04-19-04.jpg

18-04-19-05.jpg

たまねぎ染は下地不要なので、
すべての糸を豆汁下地するわけではありません・・・

18-04-19-06.jpg

大豆300gに対して、水は2400cc(2回分)~
豆乳も八倍の水で薄めます(これでいいのかどうかはわかりませんが)

18-04-19-07.jpg

糸束はよく広げて、なるべく早く乾かすことが肝要とのこと・・・
お天気が良くて風のある今日は絶好の豆汁下地日和でしょう〜〜

18-04-19-11.jpg

30~40分しっかり浸してから、まず東向きに干しました。

18-04-19-13.jpg

正午を回ってからは、南向きに場所を替え。

18-04-19-14.jpg

冬の間ずっと畳んであった茣蓙もついでに虫干し。

陽射しが暖かいので、軽いお昼ご飯は茣蓙の上で〜〜

18-04-19-12.jpg

周辺ではちょうどタンポポがたくさん咲きはじめているので、
まずはタンポポ染をしてみよう〜

タンポポは西洋でも古くから薬草として煎じて使われていました。
薬草になるものは、だいたい染料として使えるものです・・・

花は黄色、葉は黄緑の染料になります

18-04-19-15.jpg

陽射しに誘われて雪ちゃんも出て来ました!

18-04-19-16.jpg

ホーホケキョッと鶯がさかんに春を告げています・・・・
のどかな1日・・・

18-04-19-17.jpg

夕方5時。
夕日を浴びて嬉しそうな木綿糸・・・・
気持ちよく乾きました〜お日様ありがとうございます

18-04-19a-1.jpg 18-04-19a-2.jpg

さて、メーリンさんの紡ぎ車で紡いでいるヤクの内毛。
200g目を紡ぎ終えました。

メーリンさんは、ボビンがとても小さいので
約50gずつ紡いで2回にわけてニディノディに巻き取りました・・・・

すぐに300g目を紡ぎはじめています〜〜快調です




⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
関連記事

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://rikabeans.blog41.fc2.com/tb.php/2745-12c96518
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top