08.28
Mon
17-08-28-01.jpg

初の試み、車中泊が明けた朝です。
車から降りるとそこはすぐ日本海!!

今日もたくさん歩く予定なので、朝散歩は用足しと
朝の空気を思い切り吸って終了。

17-08-28-02.jpg

第一の目的地は長野県飯山市にある小菅神社です。

<信濃における修験者の道場>
小菅神社は明治維新までは、新義真言宗に属する小菅元隆寺といい、
戸隠とともに信濃における修験者の道場として著名な寺だったという。
創建の由来は定かになっておらず、古文書には諸国を回っていた役小角が、
この地を訪れた際に修験寺院元隆寺を開き、それが起源だと言われている。
役小角は小菅権現を主神とし、併せて熊野・金峯山(吉野)・白山・立山・山王・走湯・戸隠の
7柱の神々を勧請し、祀ったという。

所在地:飯山市大字瑞穂
祭神:八所権現
奥社本殿:国指定重要文化財
天正19年(1592)修覆記録
大工:小野源之丞政高
建築様式:懸造 桁行4間 梁間4間 入母屋造 妻入 銅板葺

(小菅神社HPヨリ)


前日に観光協会へ直接電話をして、ワンコOKであることを確認しました。
お尋ねしたところ、むしろ「意外な」問い合わせ・・・と受け取られたようです。
鎖場があるので犬が登れたらいいですね、と言ってくださってありがたかったです。

17-08-28-03.jpg

鳥居をくぐると、まさに結界を越えた感あり。
異界へと入っていく独特な気が漂います・・・

17-08-28-04.jpg

参道は1300年余りの歴史のある石畳の道。
背中がゾクゾクするような独特の清浄な空気感です。

17-08-28-05.jpg

樹齢数百年の杉が林立している参道は
まさに修験道の道。

17-08-28-06.jpg

参道途中には、見ごたえのある巨石が並びます。
これは御座石。めいちゃんが入ると、木や石の大きさがわかります♪

御座石 役行者や弘法大師が参拝の折に座ったという「御座石」。
小さなくぼみがひとつあり、持っていた杖の先がめり込んだものと言われている。


登るのに必死で、くぼみを確かめる余裕なし。

奥社までの山道はかなりきつい登りなのです・・・
勾配は登るにつれてきつくなり、最後は鎖場まであるのです・・・(゚_゚i)

17-08-28-07.jpg

しばらく登ると見上げるような巨石がそびえ立っています。

恋愛成就をかなえるという愛染明王が祀られている「愛染岩」。

17-08-28-08.jpg

杉の大木に支えられて急斜面にかろうじて止まっている大岩は、蝦蟇石。
形がカエルに似ているかららしい。

17-08-28-09.jpg

大人が両腕を広げた幅より大きい巨木です。

17-08-28-10.jpg

参道は距離的には1200mとさほど長くないのですが、
勾配はかなりきつく、途中100mごとに道標があって勇気づけられます。

参道入り口の標高は501m、奥社は、890m。
1200mの道で高低差は390mです。

「奥社まで100m」のところまで来ると
疲れも吹っ飛んで、にわかに元気になるから不思議。

右手が本来の参道で、鎖場のある難所です。
左手に新しい緩やかな勾配の参道ができているのでワンコも一緒に歩けました。

渓流を渡るので周辺はぬかるんでいて、木の橋は濡れていて
慎重に渡らなければいけません・・・滑ると谷底へ落ちます(T△T)

17-08-28-11.jpg

橋の左側はかなりの落差になっていて、
ビビリの雪ちゃんより、母ちゃんがビビっております・・・
雪ちゃんって意外に、やるときはデキるんです!
(山犬めいちゃんは、無論、難なく渡ります♡)

10081613.jpg
10081610.jpg
(画像は観光協会HPよりお借りしました)

最後の登りでは、余裕がなくて写真を全然撮りませんでした。
重要文化財の奥社は、固く扉を閉ざしていますが
裏側が大きな岩山に接していて、岩から突き出たように見えます。

17-08-28-13.jpg

出発した時には、途中で引き返してもいい・・・というつもりだったのですが、
きつい登りに差し掛かっても、山道が急に細い藪道になっても、
不思議と「引き返そう」とは思いませんでした。

30度以上の気温の中、滝のような汗が流れ、額から流れる汗が目に入りました。
途中休憩は、汗拭き休憩です。

17-08-28-12.jpg

奥社近くの参道からの眺め。

普通の人でも、杖やストックがあったほうがいい、という道ですが、
片手に重いカメラ、片手は、雪ちゃんのリードを持って、
両手がふさがったまま、よく歩きました。

でこぼこで段差の大きい石畳は歩きづらく、一歩一歩注意して歩みを進めなければなりません。
行程の半分から先は、人一人がようやく通れる細い藪道になり、
さらに一層、俗人を拒む気配を感じます。

意を決した人しか寄せ付けない神社の意思を感じます。
だから途中で引き返せなくなったのかもしれません。

大汗をかいて身体的にもデトックスし、狭くて急勾配の参道を登りきったことで
精神的にも何か別世界へ到達したかのような、達成感がありました。
これもありがた〜いご縁を結んでいただいたおかげです、ありがとうございました。

また、7月はじめに横浜へ行った時、1時間も歩けなくなっていたのが
こんなに歩けるようになったのも「気功」を地道に続けているおかげだと思いました☝️

17-08-28-14.jpg

小菅神社から北竜湖へ向かう道からの田園風景。
穀倉地帯の美しさ!

17-08-28-15.jpg

北竜湖は小菅神社との縁も深い湖。
ハート型をしていて、恋愛成就の湖といわれているそうです・・・

17-08-28-16.jpg

1時間弱で一周できるそうですが、今日はもう十分に歩きました。
木陰で一休みするめいちゃんです。

17-08-28-17.jpg

車中泊のおかげで、行動開始時間が早朝だったため、
1日の時間がたっぷりとありました。

お昼には十日町まで足を伸ばしたり、ブラブラと気ままにドライブして
帰路は、道の駅「千曲川」で小休止。

川沿いの花がきれいです。

17-08-28-20.jpg

千曲川の堤防沿いの道でこの日最後の散歩をしました。

17-08-28-18.jpg

空が広〜い・・・
広々とした眺望に気持ちも晴れ晴れとします〜

17-08-28-19.jpg

歩き疲れを全く感じさせない白黒コンビ。

17-08-28-21.jpg

ご機嫌な夕方散歩です。

17-08-28-22.jpg

充実の車中泊旅行を無事に終えることができました。

果たして2度目の車中泊はあるか?こればかりはまだわかりません〜〜



⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
関連記事

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://rikabeans.blog41.fc2.com/tb.php/2511-05c55cc7
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top