08.15
Tue
17-08-15-01.jpg

毎日毎日よく降ります

今日は、ネットオークションで落札した
えじここけしまとめて14個が届きました!!

プチプチと新聞紙で包まれていたので
一つ一つ丁寧に包みを開けていくのはドキドキします。

17-08-15-02.jpg

テーブルに並べてみました。
14体まとめてセットになっていたため、たくさん勢揃いですが、
実はこの中で欲しいのは2体のみなのです・・・(どれでしょう?)

ネットオークションでは、ほとんどの場合は、
いろいろ他のものとまとめての出品になっていて、
一つだけを送ってもらえないため、やむなくセット購入になります。

たくさん集めるつもりはないので、欲しいもの以外は
再び出品して他の方へお譲りしています。

この14体のえじこは、全て有名工人さんの作なので
バラで出品してもおそらく全て買っていただけると思います!

17-08-15-03.jpg

「えじこ」とは・・・・

エジコ(嬰児籠)はかつての農村で、乳幼児を収納するために用いられた容器である。
藁を編んで筒状にしたものだが、木や竹で作られる場合もある。
地域によりイジコ・エンズコ)・エヅメ・エジメ・イズミ・・・(中略)ともよばれる。
農作業などで家を長時間離れなければならない時、屋内または作業場近くに
乳幼児を安全に据え置くための道具として使われていた。ウィキペディアより



Unknown_20170815225139115.jpeg
共同体社会と人類婚姻史ヨリ

17-08-15-04.jpg

これはとても人気のある木地山の小椋久太郎さん
(明治39年7月30日生〜平成10年3月21日没)のえじこです。

17-08-15-05.jpg

さて、再度出品するにしても、そのままではかわいそう。

いつもペーパーをかけたり磨いたりして、
きれいにしてから出品します。

17-08-15-08.jpg

今回のえじこは埃焼けがかなりひどいです。

17-08-15-09.jpg

2000番のペーパーで軽く擦るだけでかなりきれいになります。

水溶性の塗料を使っているので水拭きは厳禁です。
描彩が消えないように、軽くこすります。

17-08-15-10.jpg
(↑before)
17-08-15-11.jpg
(↑after)

17-08-15-06.jpg
(↑before)

17-08-15-14.jpg
(↑after)

17-08-15-07.jpg
(↑before)

17-08-15-14.jpg
(↑after)
丹念に磨いていたらすっかり日が暮れてしまって
暗くなってから撮ったので色が違ってしまいました・・・

右のえじこの顔の横線がほとんど見えなくなりました。
そばかすのような点々も無くなりました。

(こけしの恩返し、期待する?いやいや・・・・・・(゚_゚i)  )

17-08-15-15.jpg

この二つ、佐藤春二さんのえじこです
(明治36年3月2日生まれ〜昭和57年3月23日没)

先日賛助出演してくれた井上ゆき子さんこけしの
師匠です・・・ゆき子さんとともに大好きな工人さんです。

2929896.jpg

本日のおまけ
夕食前のスキンシップ〜〜

2929895.jpg

写真を撮りやすいように、右へ移動してもらったら、
めいちゃん、取り残された・・・





⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
関連記事

comment 4 trackback 0
トラックバックURL
http://rikabeans.blog41.fc2.com/tb.php/2497-c42e88ff
トラックバック
コメント
『えじここけし』って言うのですね。可愛いですね。初めて知りました。
このえじこは裏からこけしを入れてるのでしょうね。

義母の家の片付けで、こけしがたくさんでてきました。昭和30年代の京都あたりに行った時のおみやげ?処分しようにもできずに棚をつくり飾っています。
でこ | 2017.08.18 10:27 | 編集
でこさんへ

おはようございます、コメントいただきありがとうございます(^o^)

「えじこ」や「ねまりこ」というこけし、赤ちゃんのイメージで可愛いです!
東北地方特有のこけしですが、
泥臭いものあり、洗練されているものもあり、
可愛い笑顔よりちょっと難しい顔をしているものの方がかわいかったりします♡

裏側には穴はなく、表から轆轤による木の回転熱を利用して嵌め込むらしいです。
首がくるくる回るだけでなく、球状の胴体そのものがえじこの中で
くるくる回るのがとてもかわいいです(^^)

お義母さまもお好きだったのですね!
人形類は処分するのは忍びないですね・・・・
rikabeans | 2017.08.18 10:46 | 編集
コメントありがとうございます。
入れ物の裏側からではないのですね。改めて画像を見てみます。基軸がぶれたりすると簡単にはいきませんから、かなり高度な技術ですね。片付けをしていると、明治の頃?大正時代、昭和のものがでてきます。すべて手仕事、本物はいいです。捨てがたかったり、なかなかかたつきません。いきなり話は変わり、ごめんなさい。ご主人?〔息子さん?)のTシャツのイラストいいですね。
でこ | 2017.08.18 14:25 | 編集
でこさんへ

改めてありがとうございます(^o^)丿
こけしの工人さんは、木地屋と呼ばれる「山の人」で、
数百年の伝統を守る木工人なので、仕事の厳しさは、それははすごいようです・・・・
(縄文人の子孫との説もあるほどで)
昔の工人さんは、こけしは、仕事というよりお遊びの場合が多いらしいです。

Tシャツ!!よくご覧になっている(◎-◎;)!
夫の髪が白くならないため、時々「息子さん?」と言われて、
私も髪を染めようか・・・と思う時がありますyo~~(T_T)
rikabeans | 2017.08.18 16:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top