09.10
Sat
16-09-10-1.jpg

青空が広がって秋めいた陽射しが降り注ぐデッキ。
今日も怪しい飛行機が西の空から東へと飛び去りました。

太すぎる飛行機雲を排出しながら飛んでいるので
じっと見てみると、後ろ半分が飛行機雲の中で透明(空色)になり
前半分は半透明・・・・全体に鉛筆みたいに長過ぎる機体でした。

最近、本物の飛行機を見ないなぁ〜〜

16-09-10-2.jpg

その太すぎる飛行機雲の下には、ウロコ状雲。

16-09-10-3.jpg

ウロコに覆われた軟体動物?

16-09-10-4.jpg

いろいろと不思議な空です。

16-09-10c-1.jpg

4年越しでようやく花を咲かせてくれたオオベンケイソウ。

黄色い蝶々がずっととまっています・・・・

16-09-10c-2.jpg

モンキチョウだと思って写真を撮ったのですが、羽が尖っている・・・・
調べてみると「スジボソヤマキチョウ」でした。

遠目には木の葉のように見えます。

16-09-10c-3.jpg

秋明菊の上をヒラヒラを飛び回りながら、
またオオベンケイソウにとまります〜美味しいのかな・・・

何気ない日常に蝶の貴重種・・・・自然あふれる山麓です。

16-09-10y-1.jpg

デッキの心地よさに誘われて、雪ちゃんも出てきました。

16-09-10y-2.jpg

ウロウロ〜〜っと・・・

16-09-10y-3.jpg

撫でてもらうのも好き。

16-09-10y-4.jpg

秋の匂いを確かめて〜〜

16-09-10y-5.jpg

ようやく腰を下ろすまもなく〜〜

16-09-10y-6.jpg

またウロウロ〜〜

16-09-10y-7.jpg

めいちゃん、呆れて爆睡〜〜

16-09-10a-1.jpg

新たに解いた麻(大麻)の着物(長襦袢)2枚を干しました。

数えてみると、大麻布かどうかわからないまま買った着物は、11枚。
そのうち大麻ではなかったのは2枚。
不明が1枚。

8枚の長襦袢が確実に(間違いなく)大麻布でした
価格は、ほとんどが1000円〜1500円で一番高価な一枚は、1800円です。

そのうち2~3枚は博物館級だと思います・・・・・
縫い糸もすべて精麻を撚っただけの大麻糸でした。

「大麻」と銘打っていないだけに、汚れた古い長襦袢に手を出す勇気がある人は少ないのでしょう〜〜
「勘」だけが頼り。自分の「勘」を信じるとかなり嬉しい結果になります

16-09-10a-2.jpg

今まで解いた長襦袢の3枚に、袖の縫い代に墨書きがありました。
名前を記しているものが2枚。

今回の1枚は日付です。

16-09-10a-3.jpg

始め見た時には「六二年正月」と見えたので1962年?と思ったのですが
古い墨書きが西暦のはずはなく、「大六年正月」だとわかりました。

大正六年です。西暦1913年。103年前の着物(長襦袢)でした。

(「年」ではなく「子」にも見える・・・かも)



明日からまた出かけますBlog更新は2日ほど遅れますm(_ _)m


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
関連記事

comment 0 trackback 0
トラックバックURL
http://rikabeans.blog41.fc2.com/tb.php/2152-cbc60179
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top