07.31
Sun
16-07-31-01.jpg

7月も晦日〜山麓は久しぶりの晴天となりました
南アルプスと八ヶ岳の姿が見られるのも一ヶ月ぶりくらいです。

16-07-31-04.jpg

バックハウス・インノさんから望む八ヶ岳。

16-07-31-02.jpg

インノさんは開店前ですが、焼けたパンから分けていただけるので
早々と伺ったのですがすでに店内はお客様でいっぱい・・・

16-07-31-03.jpg

駐車場には白桔梗が清々しい姿で咲いていました。

16-07-31-06.jpg

さて、やってきたのは、八ヶ岳アンジェリさん。
長坂町の中丸にあります。

今日は、ワクワクドキドキしながら待っていた、
国産大麻の糸産み(糸績み)講習の日なのです。

バックハウス・インノさんととても雰囲気が似ていて、
山麓共通の「気」が流れていると感じます

本来4人から受講できる講習ですが、お願いして1人講習をしていただきました。
感謝の気持でいっぱいです。

敷地内には、オーナーさんのお店「清春アンデルセン」もあります。
1985年にオープンした自家製のドライフラワーのお店。
200坪のガーデンには50種以上のハーブが植えられています!

16-07-31-07.jpg

初めて目にし、そして触れた国産大麻の精麻。

サラリとした感触、光る繊維・・・・神々しさを感じます

16-07-31-08.jpg

伊勢神宮の巫女さんたちは仕事の前に必ずこの精麻で身を清められるのだそうです。

16-07-31-09.jpg

先生の績まれた大麻糸が苧桶(おぼけ)の中に入っています、これで100gくらい。
きれいです〜

大麻の歴史や貴重なお話をたくさん伺うことができました。
今回は2回講座の1回目。次回まで績みの宿題があります。

忘れないうちに今晩から復習して、
ていねいにていねいに績んでいきたいです・・・

この講習を知るキッカケになったのは紡ぎをする人にとっては、
年に一度の祭典「東京スピニングパーティー」HP

出店者の中にあった「一般社団法人日本古来の大麻を継承する会 」
国産大麻を自分で紡ぐ(績む)機会を得るのは難しいだろう〜と諦めていたのに、
麻糸績みの講座を開かれている(しかも八ヶ岳でも)ことを知り、
すぐに問い合わせて予約することができました。
8月から「夜明け」の時代に入るこのタイミングです!
このご縁に心より感謝です

16-07-31-10.jpg

2時間講習の予定が話の脱線も加わって3時間におよんでしまいました・・・
迎えに来てもらった車の中で1時間も待機してくれた白黒コンビです。

お母ちゃん遅いよ〜〜

16-07-31-12.jpg

お昼も大幅に回ってしまったので、
そのまま自然な流れで西麓へ向かいました。

蓼科山がきれいです。

16-07-31-11.jpg

原村からは諏訪が見えています〜〜

16-07-31-18.jpg

そして到着したのは、女神湖。
標高1540mの地にある湖は赤沼と呼ばれる湿地帯。

爽やかな風が吹き抜けて気持よい散歩が楽しめました!

16-07-31-19.jpg

水面がキラキラ光って、神秘的な夏の湖です。

16-07-31-13.jpg

蓼科山も間近に迫っています〜

16-07-31-14.jpg

雪ちゃんは、尻尾ただ下がりながら頑張りました。

16-07-31-15.jpg

ダーラナホース形めいちゃん・・・

16-07-31-17.jpg

木立の中の遊歩道に入って、ようやく尻尾の上がった雪ちゃんです。

16-07-31-16.jpg

ノリウツギの花にヒョウモン蝶がいっぱい。

16-07-31-20.jpg

フジバカマにもヒョウモンチョウ。

16-07-31-22.jpg

大きなハンゴンソウがたくさん咲いています。

16-07-31a-1.jpg

16-07-31-21.jpg

葉の形が大麻にも似ているハンゴンソウ。

16-07-31-23.jpg

フシグロセンノウ

16-07-31-25.jpg

コオニユリ

16-07-31-24.jpg

チダケサシ

16-07-31-26.jpg

ワレモコウ

湿原には夏の花がたくさん咲いていました〜
いつ来ても最高に気持の良い場所です。

16-07-31-27.jpg

帰路は西麓から佐久方面へ抜けていきます。
夏山になった浅間山を眺めながらのドライブ〜

16-07-31-28.jpg

国道142号線は、長野県北佐久郡軽井沢町から諏訪郡下諏訪町に至る国道・・・
中山道に付かず離れず通る道は、開けた視界が楽しめる道です

ご縁に恵まれた充実の一日に今日も深く感謝




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

comment 0 trackback 0
back-to-top