08.31
Fri


光陰矢の如しというのは大げさですが、
三日間の日程は瞬く間に過ぎていきました。

長女は、大学で狂言部に所属しており、
覚えたばかりの小舞を、
地唄を歌いながら披露してくれました。

ブツブツ言いながらも、結局は演じるところが天晴れ。

和泉流では、最初にお稽古するという「柳の下」だそうです。
狂言について熱く語ってくれました。

12-8-31w−1 12-8-31w−2

最終日は萌木の村でお土産を買い、
大柴さんちの新鮮野菜で、トウモロコシと枝豆も買ってから
身曾岐神社へ向かいました。

能舞台を見たいということです。
桧皮葺きの古式床しい能舞台はやはり一見の価値があるでしょう・・・

性格三者三様の女三代。そろそろ喋り疲れがみえております・・・(゚_゚i)

このあと甲府まで車で送り、
県立美術館でミレーの常設展を観て感動のお開きとなりました。

12-8-31q-1.jpg

86歳の母も何とか健康で過ごし、
18歳の長女も2つの部活動を掛け持ちしながら
大学生活+一人暮らしを謳歌しているようです。
健康に毎日をおくれることは、何より有り難いことです。

それぞれの持ち場でまた明日から頑張りましょう!


ブログランキングに参加しています。
良かったら下のバナー☟をポチッとクリックお願いいたしますm(__)m


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ  にほんブログ村 ハンドメイドブログ パッチワーク・キルトへ
にほんブログ村


comment 0 trackback 0
back-to-top