11.08
Fri
19-11-07- - 3

晴れの日が続いています。
周辺の山々の紅葉が一気に進みました。

19-11-07- - 2

平沢峠方向のカラマツが黄色くなりました。

19-11-07- - 5

家の周りの木々が年々育って、
アーリーバードのヤマナシの木が見えづらくなっています。

19-11-07- - 4

ちょうど見頃の黄葉。

19-11-07- - 1

玄関脇のヤマボウシは、赤く色づきました。
植えてから数年、ようやく存在感が出てきました。

19-11-07- - 6

ミズナラの実生の幼木。

ミズナラの葉は、普通は茶色くなって落葉します。
小さな木だけが真っ赤になる不思議。

19-11-07- - 7

19-11-07- - 8

山ウドも枯れてタネをつけました。

夏の終わりに、道端できれいな線香花火のような花を
咲かせてくれていたヤマウドです。

19-11-07- - 9

線香花火は消えて、小さなタネがたくさんできています。

2019110809054470f.jpeg

さて、冬の冷え対策を始めました。

まずは、薪ストーブの上に置く自動ファンです。。

薪ストーブの熱を感知して自動でファンが回ります。

20191108090546f0e.jpeg

我が家のようにリビングルームが吹き抜けになっていて、
ロフトと一体化していると、
薪ストーブで暖められた空気がそのまま上に上がって循環しません。

天井のファンはあまり役に立たないようです。

厳寒期になると、階下の端っこのキッチンとダイニングが
底冷えがして暖気が行き渡らないのが悩みでした。

輸入品は高価だからと、今まで使っていなかったのですが、
アマゾンで見ると、同じような作りで、安価なものもたくさん出ています。

物は試しで買ってみました。
薪ストーブが温まるに従って、ファンが勢いよく回り始めます!

ここまでは昨夕のこと。

20191108090553c65.jpeg

これは、今朝の焚き始めの画像。

ストーブはまだほんのり温かいのですが、
朝起きた時には、ファンは止まっていました。

昨夜の熾が残っているのであっという間に
火は熾ってきます。

ボンボン燃え始めてもファンは回りません。

2019110809054342a.jpeg

ストーブは、火で温まるのではないんですね。
薪がよく燃えてさかって真っ赤な熾きができ始めると、
ゆっくりと回り出しました。

炉内の温度の目安になりそうです。

お試しで買ったファンですが、確かにキッチンの方まで
暖気が流れてきて、暖かくなりました。
買って良かったみたいです⤴️


.






⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
10.20
Sun
20191020140652e69.jpeg

日に日に朝の気温が下がってきました。

3度〜4度くらいまで下がっています。

20191020140703fdb.jpeg

朝起きると、ストーブ点火から1日がスタートします。

本格的冬が到来すると24時間火を落とさないので
朝は、ダンパーを開けて薪を追加するだけですが
まだこの時期は、朝、一からストーブを焚きます。

2019102014105985b.jpeg

13日に予約してあった煙突掃除。
台風19号到来で一週間延期になりました。

お願いするのは、いつもの茅野のglow thickさんです。

一昨日からの大雨で少し心配しましたが
ようやく雨が止んで、予定通り来てもらえました。

まだ屋根が濡れているので慎重に登ってもらいます。

20191020141103dce.jpeg

煙突に直行しないで、屋根の端から登り、てっぺんを横移動します。

20191020141104308.jpeg

かなり慎重に移動。

20191020140654b25.jpeg

煙突に到着。

201910201406546d2.jpeg

軽く点検後、ブラシで煤を落としていきます。

20191020140700ef9.jpeg

煤の状態がいいとのことで、
2シーズンに一度の掃除でO.Kとの診断。

初めて来てもらった年は、
「こりゃひどい!こんな焚き方したらストーブがかわいそう」
とまで言われ、焚き方を懇切丁寧に教えていただいたおかげで、
今では2年に一度の掃除でも、煤はほんのわずかです💮

20191020140702970.jpeg

ストーブ本体の掃除とメインテナンス🧼🧹も丁寧にしていただき、
ピカピカの新品同様に❗️✨っといきたかったのですが………

201910201407002fe.jpeg

問題発生😨

20191020140702778.jpeg

ストーブ奥の壁に鋲で取り付けてあるセラミック板(陶器でできているらしい)
にひび割れが生じて、浮いてしまっています。

ストーブ本体を保護するためのセラミック板なので、交換できます。
それを聞いてひとまず安心。

最近の若者たちは別荘に関心がなくなっているため、
別荘開発や別荘の相続は年々減少傾向だそうで、
それに伴って、別荘用の薪ストーブの新設数も減っているそうです。

けれども一般の住居で(別荘ではない家)の薪ストーブ人気は増えているので
薪ストーブ屋さんの経営は横ばい状態を保っているそうです。

そんな事情の中、一般的には薪ストーブに故障が起きると、
修理ができないと言い、買い替えを勧めるのは、何処も同じ。

glow thick さんによれば、「どんな故障でも修理は可能」で、
「直しながら使えば、一生使える」との嬉しいお言葉でした。

素人は、専門家に直せない、と言われればその言葉を信じて、
買い換えてしまいますが、買い替える前にストーブ屋さんを選んだ方が良さそうです。

どんな薪ストーブも10年使えば、どこかしらに不具合が出てくるもの。

外側の鉄板がひび割れるケースもあるそうですが、
費用は10万円近くかかりますが直せるそうです。

セラミック板交換費用は、部品代が6000円ということで
大変有り難いことです。

我が家のストーブは、設置から18年経っており、
フル稼働しはじめてからも丸9年です。
直しながら大切に使い続けたいです。

20191020140703097.jpeg

もうワンシーズン使えるかもしれないとのことですが、
我が家の暖房は、この薪ストーブ1台の冬の命綱なので、
直ぐに交換してもらうことにしました。

入荷まで数日です。

頼りになる薪ストーブ屋さんに感謝です💗



⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
10.12
Sat
20191012170950800.jpeg

今朝からガラケーが何度も繰り返し、大きな音を立てています📳

北杜市の緊急警報が立て続けに入ってきます。

朝のうちは、避難準備情報でしたがお昼過ぎに市内全域の避難勧告に変わりました。

武川と釜無川が氾濫水域に達し、
武川地区と白州町に土砂災害警戒情報レベル5が出ました。

ヤフーハザードマップで確認したところ、
北杜市の中にもかなりの地域差があるようです。

幸い、清里駅周辺地区は色が変わっていない(安全である)ことが
確認できたので、避難しないことにしました。

避難場所地域の方がむしろ黄色(警戒レベル1)になっているので
自宅の方が安全なように思えます。

避難所は、歩いて行ける距離ではないので、
みんなが車で避難したら駐車場は足りるのか、わかりません。

ワンコも避難できないし、今晩の暴風雨を自宅でやり過ごそうと思います。

テレビが無いため、停電に備えて手回し充電ラジオを出してきました。
少しつけてみましたが、今のところはネットニュースの方がわかりやすいです。


20191012170946445.jpeg

こちらは、東日本大震災の後、防災用に買っておいた
ティーキャンドル用ランタンです。

納戸で埃をかぶっていたのを出してきました。

試しに使ってみたところ、キャンドルがいれづらくて、
やっと押し込んでから点火です。

試してみて良かったです🕯

201910121709432fc.jpeg

キャンドル用のお皿が小さいのです(ー ー;)

20191012170944688.jpeg

マッチで点火

ライターでは点火できませんが、薪ストーブ点火用に
マッチはいつも用意してあるのでよかったです。

20191012170947075.jpeg

部屋の明かりを消してみました。

2019101217094880c.jpeg

うっ❗️暗い😅

けれど真っ暗闇になるよりは、ずっといいです。
明かりがあるのは、ほっとできます。

今のところ清里では、雨も風もそれほど強くありません。
八ヶ岳が守ってくれているように感じます。

ありがとう😊


今晩が暴風雨のピークになると思われます。
どうぞ皆さま、ご無事で過ごしてください。




⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
10.03
Thu
19-10-03- - 6

朝の外気温は10度。
ここ数日は、少し気温が高めでストーブは焚いていません。

やっぱり暖かい方がうれしいです。

朝散歩に谷地へ降りていくと、昨日とはなんとなく景色が違って見えます。
たった1日で森の色彩が変わりました!

木の葉が色づき始めているのです。

19-10-03- - 7

気温だけでなく、日照時間も影響しているのでしょうか?

昨晩あたりから、森のあちこちでパチパチっと何かが弾けるような音。
ポンポ〜〜ン!と何かが落ちる音。

紅葉と同時に山栗の実がはじけ始めました🌰

19-10-03- - 11

昨日は、緑だったツタウルシが、赤く染まり始めました。

19-10-03- - 8

柔らかな紅がさしたような木は、ツリバナです。

19-10-03- - 9

実が弾けてその名の通り、ぶら下がっています。

19-10-03- - 10

19-10-03- - 12

家まで戻ってくると、道路沿いのツリバナも弾けていました。

19-10-03- - 15

こちらは藪の中にあるので、雨に当たらず
日当たりもいいせいか、色が濃くてきれいです。

19-10-03- - 13

19-10-03- - 14

きれいに6つに割れて、それぞれに実がぶら下がっています。

19-10-03- - 1

さて、ここからは昨日のこと。

佐久の薪屋さんが、薪を届けてくれました。

19-10-03- - 2

毎年お願いしているので、前触れもなく突然やってきます!
今年もどっさりナラの良質の太薪が届きました。

実は社長さんが体調不良のため、いつ辞めるかわからない、と
言われているので、今年は別の薪屋さんからたくさん買ってしまったのです。

すでに薪小屋がいっぱいになっているのを見て、
「えっ!薪買ったの?」と言われて、
一瞬気まずい空気が流れてしまいました。

19-10-03- - 3

けれども、気を取り直し、
わずか30分足らずで、きれいに積み上げてくれました。

佐久の薪屋さんの薪は良質で太いので本当に頼もしいです。
できれば1年分お願いしたいのですがいろいろ事情があって
2カ所の薪屋さんから買うことになってしまいました。

19-10-03- - 4

前列だけでも軽トラ3杯くらいありますが
それが余裕の2列!普通に軽トラ6杯分くらいありそうですが
これで4枠ということなので、本当にありがたい限りです。

太薪以外に、細薪少々と木っ端も一袋オマケしてくれます💓

19-10-03- - 5

井桁部分は、半割りの薪を使ってこんなに丁寧に積んであります!
この積み方真似しよう〜〜〜

今年もお世話になりました。ありがとうございました。



⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
09.21
Sat
(2019.9.22下に追記あり)

19-09-21- - 6

数日前から朝起きると寒くて、ストーブを点けたいなぁ〜っと思っていました・・・が
まだお彼岸前!一枚上に着ればいいだろう〜〜っと抑えていましたが、
ついに今朝はストーブ点火です

19-09-21- - 7

昨晩からシトシト雨が降っているし、外気温は8度。
室内気温も18度まで下がっていますから。

19-09-21- - 8

さすがに薪は少なめに1度焚いたら、あとは追加なしです。

ポカポカあったまりました。
来月早々には煙突掃除も予約済みです。

ストーブのウォーミングアップには絶好日和でした。

19-09-21- - 1

さて、こちらは昨日の画像。
ここ2、3年、大雨が降るたびに家の前の道路が
川のようになって、土がえぐれ、車の走行に支障が出るようになりました。

そのたびに、砂利をまいたり、スコップで整地したりしてもらっていたのですが
ついに、業者さんを入れて、少し本格的に道を直してくれることになりました。

ちなみにアスファルトで舗装すると千万単位の経費がかかるのだとか(◎-◎;)!!

19-09-21- - 2

本格的って、どんな風に?

よく掘り返して整地し、
林道などで見かけるゴムバンドを道幅いっぱいに入れたようです。

明日にかけて雨が降りそうですが、効果のほどを期待したいです。

19-09-21- - 10

さて、こちらは、ウェブショップLom-Sam-Nueaのモン族襟布。
お客様のもとから戻ってきました!

おかえりなさ〜〜い!

なぜ帰ってきたのかというと、もちろん返品になったから。

お客様のおっしゃるには、
「全面(裏も)が黒カビでびっしり汚れており、
黒カビは洗っても取れないので、とても使えるものではない」
ということでした。

発送する時には、まったくカビなど生えていませんでした。

しかし、長雨の最中でもあり、
また客様は到着から一週間も開封されなかったため、
カビが出てしまったのかもしれない、
と考え、返品対応をさせていただきました。

・・・・ところが!
帰ってきた包みを恐る恐る開けてみると〜〜〜〜〜!!!

全くカビなど生えていないのです。
古いものですので多少の汚れはあるのですがきれいなのです。

はてなはてなの謎状態。

19-09-21- - 9

お客様のメールでは嘘を言われているような文面ではありませんでした。
とても残念そうに伝えてこられました。

もしかしたら暗い室内で見て、周囲の刺しゅう模様をカビと間違えたのか?
という可能性もあるのですが・・・・

(その後お客様には、きれいでした、という連絡はもちろんしていません)

返品された包みを開けた瞬間に感じたこと、
それは、この布自身が、「帰りたかった」んだなぁ〜〜ということでした。

嬉しそうに「ただいま〜〜」と言ったような・・・・

お客さまの勘違いの可能性もありますが
この布の意思で帰ってきた(布が化けた)のでは?と。

不思議な話ですが、そうに違いないのです。

ありがとう〜〜〜💕

924594b7fd.jpg

アップリケされている白いテープの布幅は3mmです。
中央の緑のビーズは1mm玉です。

この白モン族の襟布、
縫製もミシンを使わずすべて手縫いです。
刺繍部分は、虫眼鏡で見なければわからないほど細かい針目。

もし自分で同じものを作ろうとしたら(作れないけど)
一月以上の時間を要するのではと思います。

82f00fdf5a.jpg

モン族の襟布の大きさは、平均的なものでおよそ、15x10cmです。

本などの記録があるわけでなく、
モン族女性の頭の中の記憶だけを頼りに縫われています。

文様には呪術的な意味があり、護符の役割を果たしています。

そんな魂のこもった布です。
自分の意思が生まれても不思議はありません・・・

(画像中央左の上から2枚目です)

a6c66fb0ba.jpg

護符としての刺しゅう布の不思議なお話でした・・・

⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
back-to-top