03.22
Sun
20200321185531eaa.jpeg

突然ですが、オリフィス通し6本です。

オリフィスとは、紡ぎ車のフライヤーの先端にある糸を通す筒状の部分の名称で、
ここに糸を通すための道具を「オリフィス通し」と呼びます。

英語では、orifice hookというようです。

糸通しは、threader.

現在、アンティークの紡ぎ車は8台(うち1台は近日中にご紹介します⤴️)
1台に1本のオリフィス通しが必要なので、あと2本は検討中。

この6本、素材もテイストもバラバラですがそれには理由があります。

20200321193800098.jpeg 202003211938022a7.jpeg

アンティークの紡ぎ車は、このオリフィスが、
現行品に比べて極端に細いのです。
おそらく半分から1/3くらい。

202003211937507c8.jpeg

市販されている(現行の紡ぎ車に付属している)オリフィス通しは、使えません。

そこで頑張って、自作することになります。

上のオリフィス通しは、一番最初にKatsuji Forest Gallery さんで
紡ぎ車の修理をしてもらった時に、オマケとして作ってもらったものです。

先端のカギ部分の幅は約3ミリです。

20200321185538e76.jpeg

初めてアンティークの紡ぎ車を入手した時に、
さて困ったのは、手持ちのオリフィス通しが使えなかったことです。

Amazonで色々な針金やステンレスワイヤーを買ったり、
織り機の綜絖通しを代用したりしました。

針金だけでは味気ないので、集めているカーネリアンなどのビーズを
組み合わせて、通したりして作りました。

20200321185530e43.jpeg

ステンレスワイヤーをラジオペンチで曲げて、
色々試作したオリフィス通しです。

一応使うことはできたので、作った甲斐はあったのですが、
特別な工具なしで、自力で作るには、ある程度ワイヤーは柔らかくなければ出来ません。

そのため、先端が使う度に曲がってしまい、ストレスになっていました。

2020032119375344f.jpeg

そこで、前回のチャイルドサイズの紡ぎ車の補修を
お願いした時に、オリフィス通しの製作(ワイヤーの交換)
をお願いしました。

上の自作品3本のワイヤー交換をお願いしたところ、
硬度のあるワイヤーは、それなりに太さもあることから、
ブルーのテープの石が、ワイヤーに通らないことがわかりました。

通らない石を省いて作るのは、ちょっと残念。

2020032119375669b.jpeg

そこで、3本作るのは諦めて、
改めて石の組み合わせを考えて、2本にしてもらうことにしました。

2020032119375796a.jpeg

石の組み合わせの変更。

20200321183021f46.jpeg

そして、しっかりとしたオリフィス通しが2本!
出来上がりました💗

20200321185532078.jpeg

使えなかった石だけまとめて、
柔らかい、細めのステンレスワイヤーで1本また作りました。

柔らかいのは使いづらいですが、使えないことはありません。

20200321185534972.jpeg

カーネリアンを使ったオリフィス通し3本です。

20200321185535e0c.jpeg

光をかざすと、とてもきれいなので気に入っています。

20200321185536e18.jpeg

こちらは、木製のオリフィス通し3本です。

一番上のものは、メーリンゲンの紡ぎ車を補修してもらった時に
交換して不要になったフロントメイデンです。

202003211830293c2.jpeg

202003211937549fc.jpeg

画像ではフロントマイデンとなっていますが
フロントメイデンの間違いです。

不要になったパーツを捨てるのが忍びなく、
メーリンゲンの紡ぎ車専用のオリフィス通しに作り変えてもらって、
この二つのパーツを役立てようと思いました。

2020032119375932a.jpeg

提案いただいたデザイン。

20200321183023374.jpeg

結局カットするのが忍びないので、
そのままカットせず作ってもらいました。

そのため、デザインやバランスはイマイチですが、
全て無駄にすることなく作ってもらえて良かったです💗

それと、一目で紡ぎ車のパーツとわかるところが気に入っています。

202003251256191b1.jpeg

最後は、この黒檀の愛らしいオリフィス通しです。

これは、フランスのノルマンディの紡ぎ車を
ポーランドのアンドレさんに補修してもらった時に、
プレゼントしてもらったものです。

手の中にすっぽり収まる小さなもので、
硬い黒檀なのに、リングをつけるという細かいターンワークです。

そして一番気になるのは、ワイヤーがとても細いこと。
細いのに硬いのです。材質は?

この細さなら、穴の小さいカーネリアンビーズも通ります。
まだビーズが残っているので、このワイヤーを探そうと思います。

2020032119375111d.jpeg






⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
03.04
Wed

20200302171720529.jpeg

先日、届いた小包📦
早速、雪ちゃんチェック☑️

20200302171722100.jpeg

これは、昨年夏にアメリカから仕入れたチャイルドサイズの紡ぎ車です。

フライヤーを支える革が切れるなど、紡げない状態でした。
いつも修繕をお願いしているK-spindle(Katsuji Forest Gallery)さんに
修理をお願いしたのが昨年10月。

約半年を経て、我が家に戻ってきました。

20200302212144d87.jpeg

修繕前の紡ぎ車です。

チャイルドサイズということですが実際は子供用紡ぎ車ではないと思います。
セールスマンのサンプルという説もありますが、はっきりしません。

ドイツまたはポーランドの紡ぎ車の特徴を備えているので、
もともとコンパクトなサイズだった可能性もあると思います。

テーブルに大きなスリットがあることから、
大きなサイズのホウィールを使える可能性もあります。

ホウィール以外のパーツは、さほど小さいわけではありません。
これは、いずれ試してみようと思っています。

202003021714546ad.jpeg

⬇️

202003021716037e2.jpeg

まずは、きれいになったパーツを並べてみました。

20200302171407a5d.jpeg 20200302171409ba8.jpeg

再塗装の段階で上の画像を送ってもらった時には、
声も出ないほど驚愕‼️

ここは、きっぱりと伝えることに。

新しい彩色を全て剥がしてもらいました。
きれいに落とすことができてホッとしました。

おそらくオリジナルは、かなり派手な色合いだったのでしょう。
それが月日とともに剥げて、古色がついて落ち着いた色になっていました。

派手に彩色するのもまた良いかもしれないですが

個人的には古色の方が好みです。

20200302171502b71.jpeg

⬇️

20200302171610733.jpeg

一番大きく変わったのは、ホウィールです。
軸穴に歪みがあって、回転がブレていたため、穴を調整しました。

また、スポークに彫刻刀で、装飾彫りを少し入れました。

20200302171456ecc.jpeg

⬇️

202003021716063b5.jpeg

ホウィールを支える柱の汚れをクリーニングして、すっかりきれいになりました。
また、ホウィールを留める楔が欠品していたので
新たに作りました。

202003022208091ce.jpeg 202003022208113ca.jpeg
ホウィールの修理の様子


20200302171512687.jpeg

⬇️

202003021716193c5.jpeg

ガタがきて、傷も多かったホィールもすっかりきれいになりました。

20200302171457ada.jpeg

⬇️

2020030217160402a.jpeg

次は、メイデン(フライヤーセットを支える2本の柱) です。
前後両方の革を取り替えました。

フライヤーセットは、別のものと交換。

2020030217150569b.jpeg

⬇️

20200302171613d27.jpeg

フロントメイデンの軸受けの革の交換。

202003021715069be.jpeg

⬇️

20200302171622cbd.jpeg

リアーメイデンの軸受けの革の交換。

こちらは完全に切れていて、紡ぐことができませんでした。

20200302171500b7e.jpeg

⬇️

2020030217160922d.jpeg

すっかりきれいになりました。
これでしっかりフライヤーの軸(スピンドル)を支えてくれます。

20200302171514d02.jpeg

⬇️

20200302171624a61.jpeg

フロントメイデンのトップが削れたようになっています。
ここは、直してもらっていないのですが、やや気になるところです。

トップに何か貴石をつけるかどうか検討中です。

20200302171503bd4.jpeg

⬇️

202003021716127ea.jpeg

踏み板です。

全体の中で一番傷んでいた部分です。

2本のライン状の溝がすり減って、無くなっている部分が目立ちます。

すり減りが激しいので、新しく作り直してもらう予定でしたが
まだ使えそうで、古色の味わいもあるとのことで、
再塗装して使うことになりました。

20200302171508da8.jpeg

⬇️

20200302171615541.jpeg

固く乾燥してぼろぼろになったヒンジの革を交換しました。

202003021715117a8.jpeg

⬇️

202003021716182ea.jpeg

ストッパーの木棒を新しくして、踏み板をしっかり固定しました。


20200302171459efc.jpeg

⬇️

20200302171607190.jpeg

踏み板と連結棒を革紐で結びました。


202003021715162dc.jpeg

⬇️

20200302171625704.jpeg

テーブルに無数に空いていた虫喰い穴は、塞ぎました。

ヨーロッパのアンティーク家具などは、
古色を出すためにわざと虫喰い穴をのこしたり、
あるいは、開けたりすることもあるそうですが、
今回はかなり数が多かったので、塞いでくれたのだと思います。


20200302171509dab.jpeg

⬇️

202003021716164f4.jpeg

ディスタフの横木の止め釘を木釘で新しく入れました。

20200302171628eeb.jpeg

最後に全体図。

古色はそのままに、すっかりきれいになりました。

202003021716277d4.jpeg

機能面の調整も万全です。

この小さいサイズの紡ぎ車でどんな糸が紡げるのか、
これから紡ぐのが楽しみです⤴️


K-spindle さんには今回も大変お世話になりました。
ありがとうございました😊





⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ


comment 0 trackback 0
02.24
Mon

20200225180058804.jpeg

一昨日、ポーランド🇵🇱から届いた荷物⤴️

202002251800598ae.jpeg

早速雪ちゃんチェック入ります☑️

202002251801010ff.jpeg

念入りにチェックして、舐めたりしてます。

202002251801179d3.jpeg
before


昨年の12月にオランダ🇳🇱からやってきたフランス、ノルマンディー式の紡ぎ車です。

完動品ということでしたが、例によって、傷みがひどく、自立するのも難しい状態でした。

そのブログ記事を見てくれたポーランド🇵🇱のアンドレさんが
修理を申し出てくれました。

最初はボビンだけというお話だったのですが、
その後、こちらからお願いして、全て直してもらうことになりました。

幸いこの紡ぎ車は小さいので重量は、3キロ程度。
航空運賃は、往復で15000円未満でした。

これなら国内の遠方へ修理をお願いする往復旅費(高速代+燃料)x2回分よりずっと安いです。
届ける時と受け取りの時と2回それぞれ往復ですから。

そんな経費のことより、ずっと大事なのは、信頼関係です。

アンドレさんから最初にサポートスピンドルを買って以来、
すでに20本以上のスピンドルを作ってもらいました。
ヤーンゲージ、古代スピンドルの軸棒、板杼(シャトル)から編み物針まで、
紡ぎの道具は全て作ってもらっています。

いつも期待以上の丁寧で気配りの行き届いた仕事をしてくれるので
紡ぎ車の修理もしてもらえるとは、願ってもいないことでした。

20200225180102259.jpeg

2020022520282889e.jpeg
before

さて、一番傷んでいたのは、2本の横木です。
長さは違うし、曲がっていて、さらに削れていました。

これを新しく作ってもらいました。

20200225203254c36.jpeg

こんなにきれいになりました。

20200225202827ea0.jpeg
before


次に傷んでいたのは脚です、
土台板に差し込んだ部分が折れていて、木工ボンドの跡がべったり付いていました。

20200225180104455.jpeg

どうやって直したんだろう?
ボンドで固まっていた土台板の折れ残った部分を取り出して、
新たに脚に継ぎ足したのか……わかりません。

20200225204445845.jpeg

こんなにきれいになりました。

20200225202831b70.jpeg
before


次はボビン。割れています。

20200225180111213.jpeg

ボビンは新しくなり、フライヤーも糸かけが磨かれてすっかりきれいになりました。

それから、フロントメイデンです。
これは、お願いしていなかったのですが、
先端が折れているなど、傷んでいたため、作り直してくれました💕

フライヤーの軸受けの革も完璧です。

20200225205623c4f.jpeg
before


次は、踏み板とホィールの連結棒です。

欠品しており、木綿糸でつないでありました。

20200225205626c67.jpeg

見事なスピンドルワークで、他のパーツとお揃いの連結棒を作ってもらいました。
完璧にマッチしています。

2020022520562518d.jpeg
before


連結棒をクランクに留めておくキャップ。
オリジナルは、粗っぽい木片のようなものでした。

2020022518011219e.jpeg

これもおそらく見るに見かねて、新しく作ってくれました。

可愛いオリジナルのデザイン。
とても回しやすいです。

20200225180105a60.jpeg

いろいろ作ってもらったパーツです。

202002251801074b4.jpeg

ボビン
フロントメイデン
連結棒のキャップ

特にフロントメイデンを新しく作り直してくれたのが嬉しいです💓

20200225213540fc7.jpeg

そして最後はコレです✨✨✨言葉にならない感激です。

オリフィス通し(糸通し)です。黒檀です。

持ち手のリング‼️

素晴らしい技……

これはサプライズでした、ありがとうございましたました。

20200225180108f5c.jpeg

見事に蘇った200年前のノルマンディの紡ぎ車。



ヘンプ糸をドライブバンドにして、早速踏み板を踏んでみました。

ホウィールがやや揺れていますが、フライヤーは快調に軽快に回りました。
ホィールの揺れは、調整すれば解消するでしょう。
すぐにでも紡げそうです。

202002251801103ea.jpeg

この華奢で優美な紡ぎ車で早く紡いでみたいです。







⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ




comment 0 trackback 0
02.22
Sat
2020021822055958c.jpeg

1月17日に遥々と海を越えて、
遠いリトアニア🇱🇹から我が家へ到着した紡ぎ車です。

どうしても直しておきたいところがあり、塗装剥がしと
金属装飾外しを中心に補修をすることひと月余り。

ようやく直し終えて組み立てました。


全体写真では、色が少し変わったくらいしかわからないので、
細部のビフォーアフターで総まとめをしたいと思います。


2020021822060399f.jpeg

組み立て前のホウィール。

202002182206041d1.jpeg

フライヤーセットを支えるメイデン2本。

202002182206058c0.jpeg

脚3本。

2020021822060780c.jpeg

ボビンとフライヤーセット。

2020021822055068e.jpeg

組み立て後のホウィールです。

20200218220552c17.jpeg

ホウィールの支柱とスポーク。

20200218220546f6a.jpeg

maiden メイデン

2020021822054884e.jpeg

front maiden フロントメイデン

20200218220549d46.jpeg

mother-of-all マザーオブオール

20200218220543fc5.jpeg

テンショナーとテーブル

20200218220544552.jpeg

フライヤーセット

(ボビンは違うものがセットされています)

20200218220553adf.jpeg

踏み板

2020021822055511a.jpeg

テーブル

2020021822054207c.jpeg

テーブルの数字

202002182206013ca.jpeg

仕上げに塗ったアンティークワックスは、
時間をおいて3度塗りしました。

十分に拭き込んだため、マットな仕上がりではなく、
きれいな光沢が出て、満足しています。

金属装飾、獣骨装飾、赤い花のペイント、ニス塗り、年号の数字刻印は、
売主さん自身が販売前に行ったものでしたので、
全て取ってオリジナルに戻したかったのですが、
獣骨装飾と赤い花のペイントは残しました。

年号の刻印は、取りたかったのですが、削り取ることはできず、
返って目立つ結果になってしまいました。

思い切って金属装飾を外すことができたのは、良かったと思います。
必要ない飾りですので。

また油汚れの堆積と、その上から塗られたニスが
テラテラ嫌な光沢を見せていたのを全てきれいにできて満足しています。

組み立て後にすぐに紡いでみましたが調整しなくても
快適に紡ぐことができました。

元々の製作者の素晴らしい腕前のお陰です。

これからじっくり紡いでみたいと思っています⤴️




補修前の動画



補修後、ホウィールの回転が安定しています。



補修後の動画

⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
02.18
Tue
20200218154201d3d.jpeg

リトアニア🇱🇹の紡ぎ車のメンテナンスも終盤になりました。

その10では、まとめをして終了する予定でしたが、
まだもう一つだけ重要な補修が残っていました。

その10では、フロントメイデンのフライヤー軸受けのお直しです。

その10まで各パーツのお直し記事で、この次の記事で総まとめをします⤴️

2020021815503139e.jpeg

オリジナルのフライヤー軸受けは、ぼろぼろな状態で、
はずれそうになっているところを、釘6本❗️で無理矢理留めてありました。

全ての釘を抜いて、千切れていた革を取り出しました。

20200218154141de0.jpeg

さて、前もってネットオークションで、厚さ5ミリの革の端切れを
見つけられたのは幸運でした。

カットする前に、デザインを考えます。

20200218154154170.jpeg

リトアニア🇱🇹の紡ぎ車の初代です。

正方形で厚みは約5ミリ。

メイデンの中央で木釘で留めてあります。

202002181541588c2.jpeg

2枚合わせになっています。

おそらくオリジナルで、革が油をよく吸い込んで、
真っ黒になり、頼もしいかぎりの姿です。

2020021815415785a.jpeg

こちらは、ドイツ🇩🇪メーリンゲンのダブルフライヤーの紡ぎ車。

不思議な五角形です。

202002181541556e5.jpeg

厚みは5ミリ近くあります。

メイデンを貫通して、反対側で小さな楔で留めてあります。
惚れ惚れする細かい仕事です✨

202002181542005af.jpeg

リトアニアの初代の軸受けを参考に正方形にカットしてみます。

20200218154142ac9.jpeg

革の細工用の道具を持っていないので、ハサミでカットしてから
中央の穴を開けられないことに気づきました😓(今頃?)

さて、困った……と思ってふと見ると……

端切れの端に、楕円形の穴が開いています💡
これを使わない手はありません。

20200218154143e6c.jpeg

うまくカットできました。

20200218154145471.jpeg

けれど、穴が少し小さいです。

20200218154146159.jpeg

穴を大きくするため
糸切り鋏と木槌を使いました。

この糸切り鋏は、日本橋の老舗、木屋の「団十郎」。

お嫁に行く時(40年近く前)に母が買ってくれ、
それ以来、何度も藍染木綿布を巻き直しながら
大事に使い続けている糸切り鋏なんです。

木槌で叩いてごめんなさい🙏

20200218154149f2a.jpeg

うまく穴を広げられました。

20200218154148ea8.jpeg

反対側には、楔を入れる穴を開けます。

20200218154151f4b.jpeg

小さな楔は、とりあえず爪楊枝で。

20200218154152a90.jpeg

革に、オイルをたっぷり吸わせてから取り付けました。

20200218155029607.jpeg

オイルをぐんぐん吸い込むのには驚きました。

2枚重ねにした方が安定しそうですが、
まずはこれでフライヤーを無事に支えることができました。

初めてのことばかりでしたが、やればできるものですね。
これであとは、いよいよ組み立てて、補修が終了します😭





⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
back-to-top