05.25
Thu
*****業務連絡*****
本日メール不具合のため、メール受信がまったくできません。
メールを下さった方、お返事ができませんがどうぞしばらくお待ち下さいませm(_ _)m
**************

17-05-25-1.jpg

昨夕から雨が降り始め、明け方には大雨になりました。
朝散歩は小降りになるのを待って、遅くでましたが
用足しだけで帰宅。

雨でしっとりと濡れた緑が目にしみます・・・

17-05-25-2.jpg

雨の中、玄関下のモンタナがポツリポツリと咲き始めました。

17-05-25c-06.jpg

雨の滴る巣箱から顔を出しているシジュウカラ。
今日も巣作りが続いています・・・

17-05-25c-07.jpg

巣箱の穴からちょっと外をのぞいている顔がほのぼのします〜

17-05-25c-08.jpg

何か入口付近の繕いをしている様子。

17-05-25c-09.jpg

細部へのこだわりがありそうです・・・

17-05-25c-10.jpg

なかなか出てきません・・・

17-05-25c-11.jpg

ようやく納得して顔を出しました。

17-05-25c-12.jpg

今日もまだ巣材を運び込んでいました。
妥協無し!納得の家作りが続いています

17-05-25a-1.jpg

さて、先日から続いている紡ぎ車のオリフィス通し作りです。
アンティークの糸紡ぎには、オリフィス通し(糸通し)が付いていないだけでなく、
吸込み口がとても細いので、アシュフォードやクロムスキーのオリフィス通しが使えません。

そこで工夫して手づくり。
そして手づくりするなら、思い切り楽しく〜〜

はじめに買ったコードは柔らか過ぎるので園芸用に転用しました。

新たに2.0mmのステンレス製の針金を購入したところ良さそうです

17-05-25a-3.jpg

針金が通るストーンビーズを選ぶと、これだけありましたが・・・
(選択の余地はなし)

17-05-25a-2.jpg
ひとつめ

最初に使ってみた、東京織り機さんの綜絖通しは先端が細すぎるので
先端部分を思い切ってカット!

下方は急に太くなっているので、そこをペンチで折り曲げると
誂えたようにぴったりに出来上がりました!

アイディアは良かったのですがこの綜絖通しは、
下部が太いので、これに通るビーズはなかなかないのが残念。

17-05-25c-01.jpg

作りおきのリネンコットンのカード織り紐を通して出来上がりです

紐通し部分があると、紡ぎ車から下げておけるのでとても便利です。
(使いたい時に、あれ、どこ〜?と探し回る必要なし!)

17-05-25c-02.jpg

アフリカ古渡のカーネリアンビーズが役立ちました
真贋はわからないですが、きれい〜と思えるのでこれでOKデス!

17-05-25e-2.jpg

ダブルホウィールのメーリンさんに早速吊るしました。
気に入った道具を使うと、何より作業がたのしくなりますね〜

17-05-25a-7.jpg
ふたつめ

ずっと温存していた、白瑪瑙石。
長さが7cmもあって、こんな大きなビーズどうするのぉ〜?と思っていたのですが
思わぬところで使うことができて良かった・・・・
ずっと待ってくれていたんだなぁ〜と嬉しくなりました。

17-05-25b-1.jpg 17-05-25b-2.jpg
裏表ともに天眼があります〜古くから護符として使われていた石なのだとか。
上下に付けたビーズはカーネリアンと白の縞瑪瑙です。

17-05-25e-1.jpg

これも猫ちゃんカラー用に織った、リネンコットンのカード織り紐が似合います〜
早速リトアニアの紡ぎ車に吊るしました。
かわいいです(自画自賛!)

17-05-25c-03.jpg
みっつめ

これも同様の素材。カード織り紐も付けました。
これは、2階に置いてあるスウェーデンの緑の紡ぎ車に吊るします〜

17-05-25c-04.jpg

これで、3台の紡ぎ車それぞれに専用オリフィス通しが吊るせたので
もう探しまわる必要はありません!

17-05-25a-4.jpg

材料があるのであと二つ作ってみました。
アフリカ古渡のカーネリアンディスクと粒ビーズ。
白は縞瑪瑙。色のあるものは素材は不明ですが石であることは間違いありません。

17-05-25c-05.jpg

もし欲しい方がいらしたら材料費のみでお譲りさせていただきますので
お問い合わせください。

17-05-25a-5.jpg

先端は、かなりの硬度があるので指では曲げられません。
ペンチで少しずつ丁寧に曲げていきます・・・

これ以上は小さくできません・・・

17-05-25a-6.jpg

下部は、これもペンチで少しずつ丸くしていきます。
かなりアバウトで滑らかにはなりませんが、アシュフォードのものを見本に
丸く捻りました。ちょうど指が入るくらいの輪です。

17-05-25d-2.jpg

オリフィス通しも出来上がって、気分よく紡ぎを再開。

いつもは2つのボビンが同時に回るようにドライブバンド(タコ糸)も
ダブルでセットしてあるのですが、
紡いでいると、一本が切れました。

そのまま片側だけで続行すると、これが軽い!
二つのフライヤーセットを同時に回すより、
当たり前ですが格段に軽くなりました。

17-05-25d-1.jpg

1時間ほどでこんなに紡げました。
これからは、手間を惜しまず、ドライブバンドは一本で
稼働させたいです。

17-05-25d-3.jpg

動いていない方にオリフィス通しもかけることができるようになりました。

17-05-25d-4.jpg

そろそろ夕方散歩では〜〜・・・・待ちくたびれている方・・・
ちょうど雨もあがったようです!


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

______________________________________________________________________________________


ここからは個人連絡用。
ダブルホウィールの紡ぎ車の細部の画像が欲しいという
コメントをいただきましたので、下記に掲載します。

ついでにリトアニアのものも載せておきます。
どうぞご参考になさってください〜

17-05-25o1-1.jpg
17-05-25o1-2.jpg
17-05-25o1-3.jpg
17-05-25o1-4.jpg
17-05-25o1-5.jpg
17-05-25o1-6.jpg
17-05-25o1-7.jpg
17-05-25o2-1.jpg
17-05-25o2-2.jpg
17-05-25o2-3.jpg
17-05-25o2-4.jpg
comment 2 trackback 0
05.23
Tue
17-05-23-10.jpg

少し雲が多くなってきました。
デッキで糸を干しながら庭に目をやると・・・

濃い紫の花が咲いています!!

17-05-23-09.jpg

ミヤマオダマキのようです。
カタクリの花壇の中にぽつりと一輪咲き始めていました。

植えたものではありません。
別荘地内ではオダマキといえば淡いレモンカラーのキバナノヤマオダマキ!っと決まっています。
紫のミヤマオダマキはほとんど見かけたことがありません・・・

本当に嬉しい驚きです!!

17-05-23-12.jpg

チゴユリも一斉に咲き始めています。

17-05-23-11.jpg

今年は特に元気な大きいチゴユリがたくさん咲いています。

17-05-23-13.jpg

わらび?

最近、めいちゃんの番犬活動が一層忙しくなっています〜
というのも、秋の茸採り同様に山菜採りの人が出没しているからです。
冬眠から醒めるのはヒトもおなじみたい・・・・

お留守の別荘の敷地や、我が家の庭のすみでガサゴソと音がするので
もう、大変です。
高枝バサミ持参で、堂々とヒトの敷地を闊歩していらっしゃいます〜
ワンコに吠えられたってなんのその〜〜あらっ、よくシツケてあるわねぇ〜〜などとおっしゃいます!

17-05-23-14.jpg

大好きなダンコウバイのちっちゃな芽が出ています。

17-05-23-05.jpg

ナルコユリ?それともアマドコロ?
レトロな灯りの傘みたいです・・・

17-05-23-04.jpg

嬉しい姫リンゴの白花。

17-05-23-06.jpg

昨年植えたばかりの斑入りノイバラ。

17-05-23-07.jpg

元気に新芽が出始めました。
ノイバラは強し。
斑入りの葉がきれい〜出始めの芽は赤いです。

17-05-23-08.jpg

ヤマウルシの新芽もきれいです〜コシアブラと間違えないように〜

17-05-23-16.jpg

さて、玄関脇の巣箱。
先日、シジュウカラが内覧していると思っていたら、営巣を始めました。

17-05-23-17.jpg

オスのシジュウカラがしきりとやって来て首を入れています。
中からかなり大きな囀り音が聞こえています。

17-05-23-18.jpg

囀りの声で気づいたほどです。
まだヒナが大きくなっているはずはないので、
抱卵しているメスへ給餌しているように思います。

万博公園の観察でも卵の孵化後3日はメスはヒナを温めて、
オスが給餌しているということでした。

17-05-23-19.jpg

穴の中から声が聞こえているのですが
じ〜〜っとのぞいても真っ暗で見えません・・・

17-05-23-03.jpg

こちらは庭側の巣箱です。

給餌している様子はないのですが、ジッと見つめていると
中で何かが動きました!

こちらもちょうど抱卵中のようです〜
2カ所同時の営巣は初めてなのでこれからが楽しみです

17-05-23-01.jpg

さて、お天気続きのタイミングで糸を干します!
昨晩精練しておいた綛300gと糊付400g。

糊付の方法がまだ確定していません・・・・
いろいろお試し中。

熱いお湯に綛を浸けると、なかなか手でさわれないので鍋の上に吊るします。
こうすると2〜3分で冷めてくれます。

17-05-23-02.jpg

デッキでしぼってから干します。

熱々のお湯に冷水を差して糸を浸けるとすぐに絞れるのですが
何となく糊付きが良くないように感じるのですが・・・
これからいろいろ試してみたいです。

17-05-23-15.jpg

お昼前にもう4綛糊付しました。こちらは冷水を差したもの。
違いを確かめてみます。

黒い方は、番犬活動真っ最中。

17-05-23-20.jpg

自家製蜂蜜レモン入りのリーフティーも用意!
準備万端で一日、デッキで仕事中。

25日の新着商品アップの撮影も終了。

新たに300g分の篠も作りました!

17-05-23-21.jpg

朝から夕方まで、一日デッキで過ごす季節になりました。
綿ぼこりのスゴイ作業なので、デッキで仕事ができるのは本当に有り難いことです!

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

comment 0 trackback 0
05.17
Wed
17-05-17-11.jpg

梅雨のような空模様が続いています。
今年はこのまま梅雨に入ってしまうのでしょうか・・・・

朝散歩の時におもいがけずヤマナシの花を見つけました。

17-05-17-12.jpg

もう丸4年毎朝夕歩いている道なのに、今年初めて気づくとは!
かなりの大木なので咲いていることに今までまったく気づかなかったのです。

見事な花付きと咲きっぷり!

17-05-17-13.jpg

林の中にも、もう一本見つけました。
青空バックだったらもっと映えるのでしょうけれど・・・

17-05-17-14.jpg

自然の中で人に気づかれることなくこんなにきれいに咲き誇っています!
きっと鳥や虫たちは周知のことでしょう〜

17-05-17-09.jpg

周辺にたくさんあるニワトコ。
白い花が咲き始めています。

17-05-17-07.jpg

地味ですが金平糖みたいでかわいい〜

17-05-17-08.jpg

小さな赤いものが次第に大きくなって、
夏には真っ赤な実になります

17-05-17-10.jpg

ウバユリの葉もぐんぐんと大きくなって、
まるで早送り映像を見ているように感じます・・・

17-05-17-15.jpg

玄関下のバイカイカリソウもたくさん咲いています。

17-05-17-16.jpg

少しずつですが年々株が大きくなって、
花付きも良くなっているようです

17-05-17-01.jpg

朝散歩から戻ると、バードフィーダーではこんな光景が。

カワラヒワの求愛給餌行動です〜〜

昨日リスがヒマワリを食べたのでは?と思ったのですが
カワラヒワが大量にヒマワリを食べているようです。

カラ類は粒ごともっていくのですが、
カワラヒワはバードフィーダーの中に陣取ってカラを割ってから食べるので
食べあとがリスに似ています。

17-05-17-02.jpg

カワラヒワのメスがしきりに囀っては、羽根を大きく震わせて
オスを促しています・・・

17-05-17-03.jpg

オスは何度も1度飲み込んだものを吐き戻して
メスに口移しで与えています・・・

とてもせわしない動き、メスの催促が激しいので
ちょっと目をそらしたくなります

17-05-17-04.jpg

いつも通りのヤマガラくんは安心して見ていられます。

17-05-17-05.jpg

それっと〜バードフィーダーと往復です。

17-05-17-06.jpg

営巣しているのかひと際高らかに囀るシジュウカラ。
モミジの葉っぱもこんなに大きくなりました。

17-05-17o-1.jpg

さて、日々快調にヘンプコットン紡ぎは続いています。
今日までの成果。

左は糊付して玉巻きしたもの12玉(1200g)
中央は精練の終わった15綛(1500g)
右は昨晩作った篠300g分。

画像にない精錬待ちの綛が300gあるので
ここまでで3㌔紡ぎ終えました

17-05-17o-2.jpg

精練が終わって、糊付待ちの綛。

右側がメーリンゲンの紡ぎ車で紡いだもの10綛(1000g)
左側がリトアニアの紡ぎ車分5綛(500g)

経糸にできそうなものを選んで糊付します〜〜
経糸:緯糸比は、6:4なので、糊付するのは6割強です。

買い置きのヘンプコットン綿は、あと5枚分(1500g)
来年用も込みでたくさん買っておいたのですが
一枚紡ぐごとに少しずつ上達している段階なので
手が慣れている時に一気に紡いでしまおうと思います

17-05-17oa-1.jpg 17-05-17oa-2.jpg

ヘンプコットンでは、日常使いの布巾を織る予定。
昨年織った平織り布巾は69g(この一年毎日使っていますが丈夫です!)
右は綾織りの小さめの布巾63g

在庫分もすべて紡ぎ終えると4500gになりますから、一枚70gとして、
64枚分ということになります〜〜
10枚分ずつ機にかけるとして・・・6回分ですね・・・・
ということはデザインは6通り〜〜楽しみです!


にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

comment 0 trackback 0
05.16
Tue
17-05-16-07.jpg

ようやく青空が見えて陽射しが戻りました。
眩しい新緑の道を朝散歩〜〜気持いいです

17-05-16-06.jpg

近くの山吹の大株が咲きそろってきれい〜

17-05-06k-5_20170516195545a2d.jpg

庭の片隅で見つけたハルリンドウ。
(下に葉がついているのでフデリンドウではないと思います)

気になるのはそのヨコに落ちている松ぼっくり。
リスの齧ったような海老フライ状態になっているようです。

ここ2年ほどほとんどリスを見かけなくなっていますが、
今朝のバードフィーダーの中身のヒマワリがリスの齧ったような
形跡があったので明日も注意して見てみたいです!

17-05-16-05.jpg

ヒトリシズカもまだ楽しめます〜

17-05-16-01.jpg

昨晩も雨が降ったので朝露がいっぱい。
ワサビの葉が大きくなってきました。

17-05-16-02.jpg

ぐんぐん大きくなっているウバユリの葉も瑞々しい〜

17-05-16-03.jpg

雪ちゃんの鼻の頭も朝露?何故か光ってます〜〜

17-05-16-04.jpg

前回トリミングに行った時にカラーを外して以来、
ずっとカラーをしていません。
ようやく首回りのカラーの凹みがなくなりました。

17-05-16-10.jpg

つい先日新芽が出始めたばかりだったグーズベリー。
もう花が咲いています!
地味〜〜な花ですがこれで実がなること間違いありません。

17-05-16-08.jpg

山椒の葉もきれいな木の芽に・・・

17-05-16-09.jpg

みかん色の水仙(品種名不明)もまだ楽しませてくれています・・・

17-05-16-11.jpg

朝は陽射しがあったのですが、次第に雲が広がって
薄曇りになりました。

今日もデッキにでて糸紡ぎ〜今日のローテーションはリトアニアさんです。

17-05-16-12.jpg

昨日精練した綛600gをデッキに干します。
カラッと乾いて欲しい・・・

17-05-16-13.jpg

そして今年初めての蚊取り線香〜〜
昨年の分が少し残っていますが、

例年、1度に5巻きくらい使うので
除虫菊の天然成分の線香をまとめ買いしました。

キークルクルと日がな一日のんびり糸紡ぎは続きます〜〜〜



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
05.15
Mon
17-05-15-2.jpg

連休が明けてから一週間・・・・南麓はずっとはっきりしない空模様です。
大泉や西麓へ出かけると青空が見えることが多いので、
南麓の標高1300m以上の場所は山の天気そのものになっている模様。

17-05-15-4.jpg

今にも降り出しそうなので空を見上げながらの夕方散歩です。
時々ぽつりぽつりと当たり始め、
散歩から帰ってPCに向かっていると突然豪雨の様相になりました(ラッキーでした!)

17-05-15-5.jpg

周辺ではアズマシャクナゲが咲き始めています。

17-05-15-6.jpg

日本古来の原生種のアズマシャクナゲ。

17-05-15-7.jpg

社長さんのお庭では8分咲き。
あと数日もしたら満開になりそうです。

17-05-15a-1.jpg

今年も咲き始めた菜の花に似ている黄花。
セイヨウカラシナでしょうか?
外来種は繁殖力が旺盛です。

17-05-15a-2.jpg

咲き終わりのフジザクラにエナガが来ていました!

17-05-15a-3.jpg

ご近所のお庭では、採らなかったフキノトウが
こんなに伸びて綿毛を飛ばし始めています!

17-05-15a-4.jpg

とうが立って綿毛を飛ばすのは雌花だそうです。
美味しいフキノトウは雄花と雌花があるのですね〜

17-05-15a-6.jpg

真ん丸の柔らかい綿毛です。

17-05-15a-7.jpg

そっと触れるだけで綿毛が飛びます。

17-05-15a-5.jpg

風が来ると一斉の飛び立っていき、
周りは雪が降っているように綿毛が舞います〜

17-05-15-3.jpg

半分くらい綿毛が飛んで、半球になっているフキノトウです。
たくさん綿毛を飛ばして、フキノトウがいっぱい増えると良いですね〜(花より団子

17-05-15-1.jpg

さて、そろそろ糸染めの下準備を始めます。
草木染めも楽しいのですが、
今回は初めて泥染をしたいと思っています〜

糸の重さを計るためにちょっとこだわりのスケールを購入。
英国のソルター社の古いものです・・・

(買ってから調べてわかったのですyo~~嬉しい

☟以下アンティークショップの記載より転用

SALTER Housewares Limited(ソルター社)は、1700年代後半に、
イギリスのビルストン村を発祥の地として、当時、バネ製造会社を中心としていた、
Richard Salter社が小型竿はかり器(現在、魚屋で使用されているタイプの天秤)を
製造・販売したところから始まりました。1825年にリチャード・ソルターの甥である
ジョージ・ソルターが同社を引き継ぎ、George Salter&Co社となり、
その後、大規模な生産設備を備えるため、同社はイギリスのウエストプロムウィッチ市内に移転します。

 以後、同社は”英国初”の体重計量器を含め、家庭用調理用秤、そして幅広い種類の秤製品を生産し、
軽量器以外の分野でもアイロン、ひき肉機、ポテトチップメーカー、そして同じく英国初のタイプライターを製造。
現在、Salter社は100カ国を超える海外販売拠点を築き上げ、世界的秤メーカーとしての地位を
確立するに至っています。


Unknown_201705151751519ba.jpeg
⇧このタイプの日本製の古い天秤ばかりも持っていて2階で使っています。
正式には「上皿さおはかり」というのだそうです。
スケールのおもりを移動させることで1g単位で正確に測れる優れものです。
先に重さを決めて、同じ重さのものをたくさん計る時に便利なものなのだそうです。

17095015b01.jpg 17095015b02.jpg

17095015b03.jpg 17095015b04.jpg

古いものなので小傷や変色もありますが良い味です♡

おもりは、すべて揃っており、
5g単位で計ることができます・・・・
わずか10個のおもりで5gから2100gまで5g単位で計れるとは、
意外な感じがして(数的に考えないから)面白いです。

試しに糸の綛をひとつ乗せてみました。
1綛が105g!糸をまとめているタコ糸分を差し引くとジャスト100g!!!
素晴らしい〜〜しばし無心になって遊べました



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

comment 2 trackback 0
back-to-top