02.15
Sat
202002152154029fa.jpeg

曇り空の中、南アルプスの山々が浮かび上がって見えます。

今日は、真木テキスタイル「竹林2月のお楽しみ2020」初日です。
1月の反物端切れ市には行けなかったので2月の催しは楽しみにしていました。

20200215215404603.jpeg

開店15分程前に到着しましたが3台目でした。
いつも開店まえに駐車場はいっぱいになるので、良かったです。

いつ来てもちょっと異次元的な雰囲気の竹林ショップです。

20200215215405ae0.jpeg

竹林効果もあるのでしょうか。
本当に優しい雰囲気のほっとする場所です。

20200215215408148.jpeg

楽しいお買い物の後は特別ランチが待っています。
テーブルには豆雛飾り。

2020021522032955e.jpeg

今回はラケッシュさんのカレーではなくて、
魚治さんのミニアナゴ丼です。

ご馳走さまでした。

20200215215407ba6.jpeg

帰路は、往路と同じ圏央道ではつまらない〜っということで、
陣馬高原経由、和田峠越えの道を走りました。

峠までの登りは、細い山道の連続ヘアピンカーブで、
対向車とすれ違う余地は全くなし。

ドキドキでしたが幸いにも対向車には出会いませんせした。

和田峠では、富士山が突然目の前に現れてびっくりしました。

2020021521541025f.jpeg

上野原市からは、国道20号を韮崎までひた走ります。

空には、今日もプレアデスのクラウドシップがいっぱいです。

20200215215411bd1.jpeg

こんな、鳥のような雲も。

20200215215413002.jpeg

振り返ると、富士山近くも吊るし雲が出ています。

202002152154166ec.jpeg

韮崎のコンビニで車を停めて撮りました。

2020021521541768d.jpeg

ちょうど黄昏時で、雲が茜色に染まっています。

20200215215419cee.jpeg

吊るし雲が出ると、お天気が崩れると言いますが
明日からの雨はまたウイルスを洗い流してくれるでしょう。
ありがとう😊

2020021521541454d.jpeg

八ヶ岳も夕闇が迫っています。

20200215215420e42.jpeg

さて、帰宅して今日の成果をじっくり堪能します⤴️

長年、アースカラー中心だった真木テキスタイルですが、最近明るい色が増えました。
贅沢な茜染ばかり選びました。

わずかな織り傷があるもの、試作品で終わった一点物、
半額以下になっていて、買い得でした⤴️

20200215215426aa4.jpeg

雪ちゃんチェック入ります。

20200215215425a02.jpeg

シルクより、獣臭の残るウールがお好みみたいです。

202002152154227ae.jpeg

今日の一番のお宝です。

タッサーシルクのナーシ糸です。

2020021521542396f.jpeg

今回特別に販売された糸です。
たくさんあった中から一番細い糸で、大きな綛を選びました。

皆さんがお洋服選びに熱中していて、
まだ誰も糸のコーナーに関心を向けていなかったのでゆっくり選べました。

1gが40円計算で、ちょっと高価だったのですが
ポイントがいっぱいになっていたお陰で、思い切って買いました。

202002152203319fe.jpeg 20200215220332ab5.jpeg

(この画像は、竹林ショップのブログからお借りしました)


お店ではこんな木のお皿に種類別に並んでいました。
昨日インドから、ぱるばさんが持ち帰ったばかりの糸だそうです。

202002152305203c0.jpeg 20200215230521023.jpeg


(この画像は、真木テキスタイルHPからお借りしました)


タッサーシルクのナーシとは?

以下、真木テキスタイルHP から転載しました。

「Makiで最も愛されているのがナーシ糸。これもクズ系だ。
 タッサー繭の柄の部分だけを集めて紡ぐ。ちょっと計算してみたところ、
1kgのナーシ糸を作るためには約3万個の柄が必要ということになる。

 とにかく多量の柄を集め、ソーダを添加して6時間ほど煮沸する。
それから砧を打ち、乾かして真綿状にする。

それを梳綿機にかけて繊維を引き揃え、それからギッチャ糸を作るように壺の裏で紡ぐのだ。
 じつはナーシ糸にも種類がある。まずは純ナーシと白ナーシ。
繭から柄を引きちぎる際、繭本体の一部が柄に付着してくる。
その状態のままで煮沸し糸を紡ぐと、繭本体の繊維も一緒に紡ぎ込まれ、
白色の毛羽立ちを伴った柔らかな手触りのナーシ糸になる。これが白ナーシ。

一方、付着した繭本体を除去し、柄の部分のみで糸にすると純ナーシだ。
 また細ナーシと呼ばれる糸もある。
真綿状のナーシ繊維をチャルカ(手紡機)で紡いだものだ。
器械の助けを借りる分だけ、細くて均一な糸が紡げる。」


202002152154280bd.jpeg

HP の説明を読むと、ナーシ糸を作るのにいかに手間暇がかかっているか、うかがえます。
自分ひとりでは作れるものではなく、高価なのも頷けます。

1キロ分の糸でで3万個のナーシ!
ということは今回いただいた146gでは約4500個のナーシを使っていることになります。
気が遠くなりそうな数です。

また画像を見ると、純ナーシなのか白ナーシなのか、
はっきりわかりませんが、純ナーシのように思います。

綛をそっと解いてみました。
丁寧に括ってあります。

2020021521525843b.jpeg

野趣あふれる貴重な糸。

146gでどのくらいの大きさの布が織れるでしょうか。
他の糸と混ぜないで、ナーシ100%で、平織りで
ざっくり織ってみたいです✨




⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
02.05
Wed
20200205173003336.jpeg

整体日。

大寒波到来の予報でしたが竜王町は、暖かいです。

20200205172953323.jpeg

雲ひとつない青空に冬木立が映えます。

202002051729511e5.jpeg

土手側では、赤柴さん黒柴さんコンビが散歩しています。

202002051729544da.jpeg

雪ちゃんは、信玄堤デビュー⤴️

202002051729552ea.jpeg

風はありますが暖かいです。

2020020517295737f.jpeg

2020020517295974d.jpeg

ケヤキの大木並木を歩くのは気持ちいい。

20200205173000c86.jpeg

20200205173001a6e.jpeg

整体後は、運動は控えなければいけないので、
橋まで来て引き返します。

ごきげんさん😃

202002051730052e4.jpeg

藪の中に黄色い実がたくさん見えています。

ツルウメモドキの熟した実?

20200205173006467.jpeg

さて、先日、撚り留めしたヤクの手紡ぎ糸400gです。

重しをして干したのでスッキリまっすぐ揃いました。

202002051730085bb.jpeg

見た目は、ほとんど違いがありませんが、
やっぱりスピンドルで紡いだ糸だけが手触りが違います。
なんとも言えない優しい感触です💓

202002051730098d3.jpeg

出番が来るまで、待機してもらいます。





⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
01.28
Tue
20200128121129a34.jpeg

昨夕から降り続いた雪です。

大雪警報が出て、防災無線が何度も注意を呼びかけていました。

朝起きて恐る恐る外を見ると、思ったほどは積もっていません。

20200128121130251.jpeg

20200128121127c1c.jpeg

玄関下の階段は、段差より高く積もっているので、
今シーズンでは一番の積雪になったようです。

20200128121112d22.jpeg

では朝散歩に出かけましょう。

雪ちゃんは、今日は行かないそうです。

20200128121111ffa.jpeg

一面真っ白。

お向かいのお宅では、車を出すため早速雪掻きを始めています。
これから東京へ行かれるとのこと、大変です。

20200128121110246.jpeg

森はすっぽり雪の中。

ご近所さんが、ワンコ散歩した足跡があります。

202001281211096d7.jpeg

20200128121108a03.jpeg

雪が深いから、匂い嗅ぎも命がけ。
そんなに顔を埋めたら、息できないし。

202001281211076a0.jpeg

雪だらけ。

深いところでは前脚がすっかり埋まって、お腹が雪面についているので
30cmくらい積もったのかもしれません。

202001281212327ac.jpeg

谷地へ降りる階段は、全く段が見えなくなっているので、
慎重に横歩きで降りました。
誰かが道をつけておけば、後から歩く人は楽です。

20200128121114338.jpeg

帰宅して、玄関前だけ雪かきしました。
今日の雪は少し重いので、腰にきました。

直後、ジョンディアの除雪車が来てくれたので、
追いかけていって、我が家の前の道(袋小路)もお願いしました。

20200128121121b52.jpeg

雪が積もると、鳥たちが次々と押し寄せてきます。

20200128121120d54.jpeg

20200128121118245.jpeg

順番待ちで混雑しています。

20200128121118fce.jpeg

20200128121119a9b.jpeg

20200128121131dbd.jpeg

202001281211300e1.jpeg

お昼前からまた雪が降り始めました。

午後は雨に変わるという予報ですが、この辺りでは雪かもしれません。

気になるコロナウィルスですが、慈愛の雨でウイルスの拡散が抑えられるでしょう。
天の采配、ありがたいですね🙏

20200128121230168.jpeg

さてさて、少しずつですが糸紡ぎも続けています。
今年の200g目です。

2020012812122813b.jpeg

早速、二ディノディに巻き取ります。

20200128121227756.jpeg

昨年末のものとあわせて4綛になったので、捻り留めしましょう。

2020012812122676b.jpeg

給湯器の温度を最高の60度にして、バスタブの中で
十分に容器ごと温めます。

容器も熱くなったところで蓋をして1日おいておきま。
これでいつも十分な撚り留めができます。

4綛を次々と解いてお湯につける時、
ひと綛だけ明らかに柔らかな手触りのものがありました。

よく見ると、それだけがスピンドルで紡いだ糸でした。
ため息が漏れるほどのふわふわ感。

やっぱり、スピンドルの糸紡ぎもやめられません。






⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
01.16
Thu
20-01-16- - 7

快晴🌞

八ヶ岳ブルーの空には真っ白になった八ヶ岳が映えてます。

20-01-16- - 6

赤岳

20-01-16- - 9

権現岳

20-01-16- - 8

権現とは、神が人の姿になって姿を現わすことだそうです。

20-01-16- - 3

今年のウバユリソフト。
少し控えめです。

20-01-16- - 1

ふた晩続きの雪で、20cmくらい雪が積もっています。

用足しだけしたら帰りたい雪ちゃんです。

20-01-16- - 2

以前は、ハーネスからリードを離したら、真っ直ぐ走って帰ったのですが
最近は、走らないでぶらぶら歩くので、
自由散歩させているみたいでちょっと困ります。

20-01-16- - 4

20-01-16- - 5

雪ちゃんを見送って、めいちゃんと散歩です。

大型トラックの轍を歩きます。
ちょうどいい幅です。

20-01-16- - 10

谷地へ降りる階段が雪に埋もれているので
慎重に降りていきます。

20-01-16- - 11

倒木が人に見えたのでドキッとしました。

20200116191130b33.jpeg

さて、昨年末に届いたノルマンディーの紡ぎ車です。

なんとか組み立てて自立していますが、
脚2本は根元で折れていて、横木は長短があって歪んでいます。

その記事を読んでくれたポーランドのアンドレさんが、
この紡ぎ車の補修を申し出てくれました。

以前、リトアニア🇱🇹の紡ぎ車の脚が折れた時にも、
ブログ記事をみて、お手伝いしたいと言ってくれたのですが、
その時は、往復の航空運賃を考えて、お願いできませんでした。

今回は、重量が3キロ未満なので、
思い切って補修をお願いし、ポーランドへ送りました。

アンドレさんには、サポートスピンドルを20本近く、
ヤーンゲージも10本作ってもらって、気心が知れている安心感があります。

20200116191127d0c.jpeg

補修途中の画像を送ってくれました。
土台も作り直してくれることになりました。

きれいに蘇るのがとても楽しみです⤴️
こんなに丁寧に治してもらえて本当にありがたいことです。

20200116191128c53.jpeg

こんなきれいな画像も送ってくれました。
そっくりな紡ぎ車の画像です。

The picture was taken about 1880 in Arles, France - Mediterranean Sea Coast.

地中海沿岸、フランスのアルルで1880年頃に撮影された写真です💖
美しい民族衣装です。


⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
01.09
Thu
20-01-09- - 12

嵐が去って、晴れ渡りました。

八ヶ岳は真っ白です。

20-01-09- - 10

赤岳

20-01-09- - 11

権現岳

山麓は、温かい雨でしたが、お山では雪だったようです。

20-01-09- - 4

さて、雨のおかげで、日陰の雪がほとんど溶けてくれたので
散歩が安全に歩けるようになりました。

20-01-09- - 2

さすがにあれだけの強風だったので、
道には、小枝がたくさん落ちています。

20-01-09- - 3

お隣さんのソーラー式街灯のふたも飛んでいました😵

20-01-09- - 1

カラマツのかなり大きな枝が落ちています。

これは、直撃したら大怪我ものです。

20-01-09- - 6

別荘地内で倒れていた木は、この細いリョウブだけでした。

森では、たくさんの木々が支え合っているんですね。
我が家の白樺や栗の木も頑張りました。

20-01-09- - 5

赤松の小枝がたくさん落ちています。

20-01-09- - 7

あっ、太い枝❗️

20-01-09- - 8

ぴょんと飛び越える雪ちゃんです。

20-01-09- - 9

一昨年の台風で折れた赤松の大きな枝は、
まだ落ちていません。

あれだけの強風でも落ちないということは、
もう心配しなくても大丈夫ということでしょう。

20-01-09- - 13

散歩コースの冬の1番の難所です。

20メートルくらい道幅いっぱいに凍って、
スケートリンクのようになる場所です。

雨のおかげでタイヤ1本分ほど地面が現れました。
しばらくは、これで安心して歩けます。

20-01-09- - 14

家に戻ると、デッキに直行するめいちゃんです。

玄関前で、玄関ドアとデッキに上る階段に、
雪ちゃんとめいちゃんがスッと分かれるので、リードを先に外します。

暖かいデッキでめいちゃんはこのまま午後まで過ごしました。

20-01-09- - 15

さて、昨年末にメーリンゲンで紡いだヤク100gと
年頭の紡ぎ初めにリトアニア🇱🇹で紡いだヤク100g、
それぞれ綛上げしました。

20-01-09- - 16

20-01-09- - 17

20-01-09- - 18

どちらも、気をつけて細くならないように紡ぎました。

二ディノディに巻き取る時に、全ての糸を指でなぞるので、
間違いなく同じ太さに紡いであるか確認できます。

ちゃんと太めのしっかりした糸に紡げていました⤴️




⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
back-to-top