09.16
Sat
17-09-15-21.jpg

善光寺詣り&墓参(+麻の館←最近はこれが主目的になってる?)の帰路、
ワンコ散歩に立ち寄ったのは、安曇野ちひろ公園です。

いわさきちひろ美術館のある敷地が綺麗な公園になっています。

17-09-15-20.jpg

17-09-15-22.jpg

きれいな草はらに、水の流れ〜〜
雪ちゃんもちょっとだけ口をつけたのですが・・・

17-09-15-23.jpg

めいちゃんは、いつものようにすぐに飛び込む〜

17-09-15-24.jpg

遠くからラベンダーに見えたお花畑は、ブルーサルビアでした。

17-09-15-31.jpg

そして公園内で一番目を引くのは、この2両編成列車。
長野電鉄から譲り受けたもので、
右:モハ604は、昭和2年(1927)製。
左:デハニ201は、大正15年(1926)製。

17-09-15-29.jpg

デハニは「電車の教室」が再現されています。

『電車の教室』

トモエ学園では、6両の電車の車両が教室として使われていました。
車内は、運転席の後ろに黒板が取り付けられ、
生徒用の机と椅子が進行方向を向いて並べられていました。

「勉強しながら、いつも旅行しているみたい」と心躍らせながら、
トットちゃんもこの電車の教室で、毎日勉強をしていました。
トットちゃん広場HPより

17-09-15-27.jpg

17-09-15-26.jpg

モハは「電車の図書室」になっています。楽しい!

『図書室』

トットちゃんが入学した年、図書室として使用するため、
電車の車両が1両増やされました。

トモエ学園の生徒は、電車がどうやって運ばれてくるのか確かめようと、
講堂に泊まりこんで電車を迎えました。
冬休みが明けると、車内にはたくさんの本が並べられ、
電車は図書室になっていました。トモエ学園の生徒は全員(約50人)で、
大騒ぎしながら本を読んでいます。
トットちゃん広場HPより

17-09-15-25.jpg

トットちゃん広場には、本から抜粋したエピソードが
こんなかわいい形で楽しめるようになっています♪

17-09-15-30.jpg

『窓ぎわのトットちゃん』

トモエ学園での小学校生活を中心に、黒柳徹子(ちひろ美術館館長)が、
自身の子ども時代のことをつづった『窓ぎわのトットちゃん』。
いわさきちひろの没後に制作された本ですが、
黒柳の希望で、遺されたちひろの絵のなかから、トットちゃんや友だちの絵が選ばれました。
1981年に単行本として出版された本作は、ベストセラーになり、現在も世界各国で読みつがれています。

HPより

17-09-15-28.jpg

長いけれど以下は本文抜粋です。

「窓ぎわのトットちゃん」より

トットちゃんは、小学校一年なのに、学校を退学になった。 一年生で!!
先週、ママはトットちゃんの担任の先生に呼ばれて、はっきり、こういわれた。
「おたくのお嬢さんがいると、クラスじゅうの迷惑になります。
よその学校にお連れください!ほんとうにこまってるんです!」

先生はいった。
「まず、授業中に、机のフタを、百ぺんくらい、開けたり閉めたりするんです。
たとえば、書き取りをするとしますね。するとお嬢さんは、まずフタを開けて、ノートを取り出した、
と思うと、パタン!とフタを閉めてしまいます。
そして、すぐにまた開けて鉛筆を出すと、いそいで閉めて"ア"を書きます。
そして、ぜんぶ、しまってしまいます。それを一字書くたびに繰り返すんです!」
(中略)
ママは、決心した。
(たしかに、これじゃ、ほかの生徒さんに、ご迷惑すぎる。どこか、ほかの学校をさがしましょう。)
ママは、この退学のことを、トットちゃんに話していなかった。
「新しい学校に行ってみない? いい学校だって話よ。」
トットちゃんは、すこし考えてから、いった。
「ねえ、今度の学校に、いいチンドン屋さん、くるかな?」
とにかく、そんなわけで、トットちゃんとママは、新しい学校にむかって、歩いているのだった。

『窓ぎわのトットちゃん』 (講談社) 1981年 p12 「窓ぎわのトットちゃん」
絵本 『窓ぎわのトットちゃん 1』 (講談社) 2014年 p2 「窓ぎわのトットちゃん」より

17-09-15-32.jpg

この素晴らしい公園は、2016年7月にオープンしたばかり!
周辺の田園風景や北アルプスの眺めが素晴らしいです。

めいちゃんも思わずお花畑に頭を突っ込む〜〜♡

17-09-15-33.jpg

公園の脇には、いわさきちひろさんが愛したという清流、乳川の川辺を歩ける遊歩道もあって
のんびりと景色を楽しみながら散歩することもできます。

ここは安曇野散歩の定番コースになりそうです!


⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

comment 0 trackback 0
09.15
Fri
17-09-15-01.jpg

夏休み最後の遠出です。
長野に墓参にやって来ました。

墓参の前に、ワンコの気分転換です。
ここは、川中島古戦場史跡公園。

めいちゃんそっくりな黒犬に赤線引かれちゃってますよ〜(ノ_・。)

17-09-15-02.jpg

長野市はペットに厳しい土地柄・・・…
長野市内でペットOKの公園は市が認めた4箇所だけです。

ペットOKといっても、進入禁止場所が多いのですが
川中島古戦場公園は、ワンコの歩けるスペースが一番広いようです。ありがたや。

17-09-15-03.jpg

墓参を無事済ませ、雪ちゃんは屋根付き駐車場でお留守番です。

もれなく付いてくるめいちゃんは善光寺詣りも一緒です。
女人禁制が当たり前だった時代から、
善光寺さんは、老若男女を受け入れてきたありがた〜〜いお寺さんで、
もちろんペットも受け入れてくれます<(_ _)>

今日も熱中症対策にめいちゃんは、Tシャツを着せられてしまいました♪

17-09-15-04.jpg

午前中に到着したので、本堂は「お朝事」の最中。
太鼓と読経の声が大きく響いています。

「お朝事(あさじ)」は、善光寺全山の僧侶が出仕して勤める厳かな法要で、365日欠かさず行われています。」

おびんずるさんにお参りしていたら、ちょうど横にある太鼓台で
大きく鉦が打ち鳴らされ、お朝事が終了しました。
厳かな気持ちになりました。

17-09-15-15.jpg

その後、境内を一周。
お参りすると足腰が丈夫になるという「仏足石」にも手を合わせ、
そのすぐ近くにある赤松を見つけてビックリ仰天!!
90度以上の角度にねじれているのです。

17-09-15-14.jpg

巨人が上からくるくる〜〜っと捻ったかのように
見事にねじれています。樹皮の模様でよくわかります。

やはり、ここも天から地からの渦巻くエネルギーが降り注いでいるようです。

佐久で初めて念仏踊りを始めた一遍上人さまも、
目指された場所は、善光寺でした。

17-09-15-13.jpg

経蔵も久しぶりに観せていただきました。

善光寺HPによれば、

『平成26年7月より修復工事をおこなっておりました、
国の重要文化財“経蔵”の保存修理工事が竣工し、9月13日竣工法要が執り行われました。

経蔵内部には“輪蔵”があり、その中には仏教経典を網羅した『一切経』が収められており、
“輪蔵”の腕木を押し廻すことで『一切経』を、すべて読んだと同じ功徳を得られると云われております。
約9年振りに拝観できる経蔵に入堂し、輪蔵を廻して功徳をいただければと思います。』

以前は誰でも中へ入れましたが、
経蔵だけの拝観料というものができていたのにはビックリ!

(ここもご先祖様が建てたもので、大好きなのですが・・・)

17-09-15-11.jpg

・・・ということで、今回は外から拝観。
中で、どなたかが回されている輪蔵です。

17-09-15-12.jpg

13日に竣工式が行われ、真新しい幕がかかっています。
写真を撮ったら、不思議なエネルギー体が映り込みました)^o^(

17-09-15-05.jpg

広い境内には色々な石塔があります。
毎回新しい発見あり。

17-09-15-06.jpg

17-09-15-08.jpg

真田家の供養塔。
大きいです!

17-09-15-07.jpg



17-09-15-09.jpg

火水地の文字が見えます。

17-09-15-10.jpg

家紋の六文銭があります。

六文銭ではなく六連銭とも言うそうですが、
戦国武将や戦国時代の物語(歴史)に全く興味がないのでどちらでもいい・・・

落語では、圓生さんは「りくれんせん」と読んでいたようで、
元々は「りくれんせん」と読むという話もあります・・・(これもどちらでもいい・・・)

17-09-15-16.jpg

帰り道に、前から気になっていた「ひとにぎり地蔵」をお土産に求めました。

17-09-15-19.jpg

参詣を済ませて向かった先は〜〜

いつも必ず立ち寄る「麻の館」です!
周辺は稲が黄金色に実っています。

17-09-15-18.jpg

そして幻の「新行そば」も花が終わって、みのりはじめ。

17-09-15-17.jpg

定番、季節の野菜天ぷらとお蕎麦、そして絶品おやきです♡
ごちそうさまでした〜m(__)m

HPヨリ
『新行高原の地粉100%で作る「そば」新行の水と空気のブレンドが、おいしさを倍増します。
信州名物おやき、毎日焼き立てです。ここでなければ味わえない幻のおやき。
数に限りがあるので、予約をしてください。 売り切れご容赦。』

「麻の館」のHPはこちら☞




⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
09.13
Wed
17-09-13-02.jpg

この夏一番の青空になりました。

八ヶ岳の山姿は、夏の間少しだけ見えた日もありましたが
こんなにはっきりと姿を見せてくれたのはこの夏、初めてです!

17-09-13-04.jpg

くっきりと山肌が見えている赤岳。

17-09-13-03.jpg

夏の権現岳〜久しぶりです。

17-09-13-01.jpg

上空はまた不思議な雲。

17-09-13-05.jpg

国道141を佐久方面へ進むと、これまたこの夏初の浅間山の山姿です。

17-09-13-08.jpg

右手のくぼんだ谷部分が赤く見えるのはなぜ?

17-09-13-06.jpg

さて、今日始めに向かった先は、コスモス街道。
目的はコスモスではなく・・・

17-09-13-07.jpg

荒船山の姿を近くで見たかったからなのですが・・・・
近くなるほどに見えなくなってしまいました。

昨日、望月町からは全体の姿を遠望できたので。

17-09-13-10.jpg

夕方散歩に向かった先は、佐久平の平尾山公園です。
水辺の小径を歩きました。

ケヤキの大木にご挨拶です。

17-09-13-09.jpg

鬱蒼と茂る森では誰にも会わず・・・

17-09-13-11.jpg

キノコがいっぱい。

17-09-13-12.jpg
17-09-13-13.jpg

ヤマナラシの木にも会うことができました。

17-09-13-14.jpg

山を下ると、上信越道の佐久平PAがあります。
見晴らしの良いことで有名・・・ということで立ち寄りました。

目の前は八ヶ岳連邦♡

17-09-13-15.jpg

稲が黄金色に光ってきれい・・・

17-09-13-16.jpg

晴れていれば、北アルプス、中央アルプスも望めるそうです。

17-09-13-17.jpg

うっすらと浮かんで見えるのは、御嶽山?

17-09-13-20.jpg

見晴らしを楽しんだ後、佐久市野沢のぴんころ地蔵尊にやってきました。
成田山薬師寺の門前にぴんころ地蔵尊はいらっしゃいます。

17-09-13-19.jpg

境内にはコスモスとオミナエシがきれいに咲きそろっています〜

17-09-13-18.jpg

小紫

17-09-13-21.jpg

お参り前に近くの伴野城址公園へやってきました。

信濃の国、小田切の里(伴野ともいわれている)において
一遍上人が初めて「踊り念仏」をした、と言われている場所なのです。

最後の読み込み - 1
「一遍聖絵」より。信濃の国、小田切の里(伴野ともいわれている)

弘安2年(1279年)の冬、善光寺に向かう途中であった一遍が、
伯父の河野通末の配流先であった伴野荘を訪れ、
この地の市場において初めて踊念仏を行ったと『一遍聖絵』にある。
WikipediaWikipediaより


17-09-13-22.jpg

伴野氏の居館跡は、東西80m×南北110mの長方形で
周囲に堀を巡らし内側に高さ5m程度の土塁が築かれています。

鎌倉時代の遺構が、南北朝の争乱から室町時代、戦国時代、江戸時代と
500年に及ぶ時代を乗り越えて残っている貴重な遺構です。

17-09-13-23.jpg

500年にわたって残された土塁には、
見事なケヤキの巨木が並んでいます。

17-09-13-24.jpg

ケヤキの樹皮はまるで縄文土器のような不思議模様。

17-09-13-26.jpg

気温は30度ありますが、この土塁の上は、
巨木が生い茂っているせいか涼しい風が吹き過ぎていきます。

17-09-13-25.jpg

土塁に囲まれた公園内では、男の子たちが野球の練習をしたり・・・
(形が様になってる!)

17-09-13-27.jpg

木に登ったり、サッカーしたり、追いかけっこしたり、
元気に遊びまわっていました。

17-09-13-28.jpg

館の一角にある大伴神社。

鳥居前のケヤキはご神木です。
そっと手を置くと、とても熱いものが手の平に伝わってきました。

17-09-13-35.jpg

さて、伴野城址公園を後に、五分ほど歩くとまた成田山薬師寺へ戻ります。
山門脇に「ぴんころ地蔵尊」はいらっしゃいます。

17-09-13-36.jpg

町興しの一環で建立されたらしいお地蔵さんなのでとても新しいです。

17-09-13-37.jpg

隣の井戸は、「八ヶ岳の地下水」とあります。
めいちゃん、口を近づけて見たのですが・・・

17-09-13-38.jpg

飲みませんでした・・・(゚_゚i)

眩しい光が写り込んでいます〜💌

17-09-13-31.jpg

山門の外にあるこの看板!これは行くしかないでしょう〜

17-09-13-33.jpg

賑わっています!

17-09-13-34.jpg

「昭和」な鯛焼き屋さんでした。
ごちそうさまでした。

17-09-13-32.jpg

お向かいの「信濃路佐久のくるみ餅」も気になりますがこれは次回に。

充実の佳き一日となりました〜ありがとうございました。


⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
09.11
Mon
17-09-11-21.jpg

城ヶ島公園をあとにして、夕食までまだ少し時間があります。
ドライブがてら、三浦海岸までやってきました。
遠くに房総半島が望めます。

(ここも以前、ワンコ散歩によく訪れていた場所なのです)

17-09-11-22.jpg

こんなに広々とした砂浜は、今では貴重な場所になりました。
9月に入って、海水浴の人々が去り、とても静かです。

17-09-11-23.jpg

波打ち際のカモメ一羽。

17-09-11-20.jpg

雪ちゃんは、城ヶ島公園散歩でもう目一杯歩いたので、
海岸では散歩拒否。すぐに車に戻りました。

幸い駐車場が日陰になっていたのでしばし車でお留守番です。

17-09-11-24.jpg

めいちゃんは、涼しい海岸でご機嫌に散歩を続けます〜

17-09-11-25.jpg

尻尾、下がってますが・・・(゚_゚i)

実はこのTシャツ、ラブラドールレトリーバーサイズなのです・・・
胴の長さを測ったら、これがちょうど良さそうだったので(胴長?)

さすがに胴回りはブカブカです・・・
防寒用ではないので、これくらいが風通しが良くていいでしょう〜

2017-09-10.jpg DSC_0686.jpg

砂浜ではすぐに靴を脱いで歩きました。
波打ち際の水をたっぷりと吸っている砂が気持ち良いい〜

じわっと足の裏に塩水がしみて、砂が心地よく足の裏を包みます・・・

17-09-11-26.jpg

振り返って自分の足跡を撮りました〜

2017-09-10-2.jpg 2017-09-10-3.jpg

海原と波に誘われて、気功の「セイシュ1」を少しやってみました。

写真に撮ってもらうと、腕が曲がっていることや
顎が出ていることなど、よく分かります・・・・(;^_^

17-09-11-27.jpg

めいちゃんたちには、当たり前のアーシング。
地球とじかに触れると、地球の電子をもらえて、地球の波動と共鳴できるらしい・・・
森の中で裸足で立つのも気持ちいいけれど、
砂浜でのアーシングもまた病みつきになりそうな心地よさです♪

また来よう〜


⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 4 trackback 0
09.10
Sun
17-09-11-12.jpg

夏休み最後の遠出は三浦半島へやってきました。
(ここは古巣でもあります・・・・)

数年ぶりに訪れた三浦半島は、まだ夏の陽射し。
明るい陽光に包まれています!

17-09-11-01.jpg

まずは、ワンコOKのありがたい城ヶ島公園へやってきました。
入り口は松並木の木陰があって、めいちゃんも一安心。
太平洋からの強風で松の木はみんな揃って斜めになっています。

17-09-11-02.jpg

輝く波と白い航跡!

17-09-11-03.jpg

白い灯台と白いお船〜〜海は広いな大きいな〜♪

17-09-11-04.jpg

陽射しは強いものの、海風が心地よく吹き過ぎていきます〜
太平洋の明るさがいいですね〜

17-09-11-05.jpg

しかし、ここでめいちゃんは不本意にもTシャツを着せられます〜
目が白黒してしまっためいちゃんです。
真っ黒な毛皮のため、日差しが苦手なので
Tシャツで少しでも陽射し避けにします。

17-09-11-06.jpg

陽射しよけの初Tシャツ〜〜まぁ〜いいんじゃない?

17-09-11-07.jpg

灯台のある岩礁へ降りていくと、荒々しい岩場歩きが楽しめます。
海が目の前にある迫力!

17-09-11-08.jpg

真っ白な安房灯台。
灯台まで歩いて、しばし海を眺めました。

17-09-11-09.jpg

遠くに見える風車は、宮川公園の風力発電所です。
風車の設置は1997年(平成9年)ということなので今年で20年です。

2937268.jpg

まるでお立ち台のように隆起してベンチ状になっている岩があります。

17-09-11-11.jpg

広い場所が苦手な雪ちゃんですが、よく頑張りました!
達成感のある表情になっています。

めいちゃんは、初のお洋服に照れてます〜

17-09-11-13.jpg

ウミウの展望台からの眺め。
季節的にウミウはいません。30mの切り立った断崖絶壁は迫力あり。

17-09-11-14.jpg

公園を一周した後、南側の馬の背洞門にも足を伸ばしました。

海岸線は岩礁が続きますが、小高い丘を背に、
明るい雰囲気が漂います・・・イギリスのセブンシスターズ辺りの雰囲気に少し似ています。

昔、城ヶ島を訪れた時は、いつも暗い雰囲気を湛えていて、
こんな晴れ晴れとした明るさはかつて見たことはありません。

17-09-11-15.jpg

馬の背洞門を上から見たところ。

17-09-11-16.jpg

細い道を大勢の人とすれ違って、ややいっぱいいっぱいになった雪ちゃんです。

17-09-11-17.jpg

明るい海岸です。

17-09-11-18.jpg

馬の背洞門。
洞門の向こうに見えるは、伊豆大島。

17-09-11-19.jpg

周辺では芙蓉の花が満開でした。

白秋の歌「城ヶ島の雨」にある、

『雨はふるふる城ヶ島の磯に利休鼠の雨がふる

雨は眞珠か夜明の霧かそれともわたしの忍び泣き・・・・・』


のイメージ通りの城ヶ島しか知りませんでした。
こんな明るい城ヶ島もあったのです・・・・
2017年、ライオンゲートをくぐってタイムラインが変わったのかな〜〜とは独り言。



⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ

comment 0 trackback 0
back-to-top