06.18
Mon
18-06-18-1.jpg

時々、小雨が降って空は、一日中雨雲に覆われていました。

今日から湯治生活♨️
雨続きで気功はお休みするのでその代わりに
毎日日帰り温泉で温まり、ちょっとした湯治をしてみよう〜っという試みです。

お湯から戻ると、玄関に何やら円形状のお届け物が。
これはちょっと心当たりのある形状(ドキドキ)

18-06-18-2.jpg

開けてビックリ玉手箱!!!

注文していないので、何かの間違いかと疑ったものの、
思い当たることがありました。

32089160_2057309151259656_3553433023317803008_n.jpg
いつもスピンドルや板杼を作ってもらっている
英国在住のアンドリューさんのフェイスブックに出ていた画像です。

以前から、紀元前などの遺跡から発掘される紡錘車(スピンドル)に興味があって、
一度プリミティブなスピンドルで紡いでみたいと思っていたところでした。

タイミング良い記事だったので「いいね!」を押して、
「こんなスピンドルでコットンを紡いでみたい!」とコメントしたのは
ちょうど3週間前!!!

18-06-18-3.jpg

コメントのお返事はなかったのに、
すぐに制作してくださったみたいです💓
ありがとうございます!!

18-06-18-4.jpg

紡輪は、ひとつがウォルナットらしき木製で
ふたつは、まさか翡翠?ジェイドまたはネフライトらしき石です。

私の好みど真ん中!

18-06-18-5.jpg

実は最近、古いマリの発掘品の紡輪を入手したばかりで、
これに合う紡軸を作ってもらおうか・・・と考えていた矢先でした。
ゾクッとするような以心伝心です。

18-06-18-6.jpg

左二つは、紡輪ではなく、瑪瑙のBビーズですが
紡輪にもなりそうだ・・・と求めたもの。

arakubousuisya.jpg
HP遺跡の深層 21 荒久遺跡の紡錘車からお借りしました)

日本の遺跡からも紡錘車がこんなに出土しているらしいです。

以下抜粋

紡錘車とは
 国分僧寺跡の東に広がる奈良・平安時代の集落である荒久遺跡からは、紡錘車が36個出土しています。

 紡錘車とは、コマのような形をした糸を紡ぐ道具で、
日本では弥生時代~室町時代に使われたとされます。

しかし、遺跡から出土する事例は10世紀以降極めて限られます。

 紡錘車と一括りにしましたが、用語には別称や混用が見られ、注意が必要となります。

 この糸を紡ぐ道具は、「紡錘(ぼうすい・つむ)・はずみ車・紡錘車」などと呼ばれ、
2つの部品に分けられます。

 一つは軸にあたる部分で、糸に撚りをかける回転運動の中心となります。
 「紡軸(ぼうじく)」や「紡茎(ぼうけい)」と呼ばれます。

 二つ目は回転する惰性を大きくし、なおかつ撚った糸が、軸の下位に下がらないよう、
底板の役目も担うおもりです。

 これを「つむ」や「こま」、「紡輪(ぼうりん)」と呼称していますが、
その機能からこの部分を「紡錘車」とすべきと主張するする研究者もいます。
 ただ、遺跡から出土する多くはものの大多数が、軸を失ったこの部分だけであることから、
「紡錘車の紡輪」の意味をこめて「紡錘車」と呼んでいることが多いように思います。

 ここでは、軸部を「紡軸」、おもりを「紡輪」とし、二つが揃っているものを「紡錘車」としておきます。


18-06-18-7.jpg

さて、アルパカの糸紡ぎはますます勢いづき、500g目に突入です♪


⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 2 trackback 0
12.09
Sat
17-12-09b-1.jpg

昨夕から白いものがチラリチラリと舞っていたのですが、
朝起きると、周辺は真っ白な世界に変わっていました。

17-12-09-4.jpg

空は雲ひとつなく晴れ渡り〜〜

17-12-09-2.jpg

デッキから真っ白な権現岳が望めています!

17-12-09-3.jpg

手すりにうっすらと積もった雪はキラキラ光ってます〜

17-12-09-1.jpg

裏返したポットに積もった雪はまるでベーグルパン!

17-12-09-5.jpg

しばらく外を見ていると・・・
お日様を透かした雲が七色に光り始めました。

17-12-09-6.jpg

彩雲はいつ見ても、その神々しさに心が洗われます!

17-12-09b-2.jpg

散歩から戻ってからず〜〜っと外を見続けていると・・・

雪のうっすらと積もった栗の木の幹に
ヤマガラとシジュウカラが仲良くとまっているのが見えました。

17-12-09b-3.jpg

ちょうど朝日が当たっているので、くっきりと写りました!

17-12-09b-4.jpg

さかんに、枝をつついています・・

17-12-09b-5.jpg

今度は白樺の枝。
またシジュウカラとヤマガラが並びました。

17-12-09b-6.jpg

すぐそばです。

17-12-09b-7.jpg
17-12-09b-8.jpg

カラ類を見ていると時間を忘れます。

17-12-09a-1.jpg 17-12-09a-2.jpg

さて、ちょっと時間がかかりましたが
リストウォーマーが編み上がりました。

これは本とにらめっこになってしまうので
お次は、5本指をまた編みます〜〜



⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
06.20
Tue
17-06-20a-1.jpg

明日から梅雨空になりそうですが、週間天気予報のマークが
昨日とはガラリと変わったのにびっくりです。

昨日までは、一週間連続傘マークだったのに、先ほど見てみると
明日だけが雨でそのあとはずっと曇りに変わっていました!

デッキ下のモンタナが終わると交代でコーネリアが開花〜♪
野菜ではないけれど無肥料無農薬〜萌木の村と同じです!

17-06-20a-3.jpg

玄関下のポットでは純白ダイアが開花しました。
三分一湧水館で買ったダリア2株。一つは白でした。

17-06-20a-2.jpg

雪のように純白です。

17-06-20a-4.jpg

ピンクのダブルガーベラの花保ちの良さにはびっくり。
同じ花がもう一月近く咲き続けてくれています〜(尺取り虫も居心地良さそう〜)

17-06-20a-5.jpg

おまけ。法要でいただいたお花・・・綺麗です。

17-06-20t-1.jpg 

ヘンプコットンの機ごしらえをしていると、
玄関側でシジュウカラの鋭いさえずりが聞こえてきました。

17-06-20t-2.jpg

最近、巣箱でシジュウカラを見かけなくなったので少し心配していたのですが・・・
鹿の毛を運び込んでいます〜別のシジュウカラなのか?

17-06-20t-3.jpg

1分ほどで顔を出しました。

17-06-20t-4.jpg

ベッドを綺麗に作っているのでしょう〜

17-06-20t-5.jpg

鋭く囀っていたのは雄。玄関下のモンタナアーチにとまって見張りです。


17-06-20o-1.jpg 

さて、4.5キロの糸づくりが玉巻まで全て終了したので
早速今日から機ごしらえに入ります〜〜

整経長約5m。密度 10本/1cm  幅31cm=経糸312 本 420g

17-06-20o-2.jpg

粗筬の使い方もようやく慣れてきました。
一人で楽々巻き取り完了。

17-06-20b-1.jpg

YouTubeで見つけたアイディアです!
綾棒を6cmのリングで繋いで紐で吊るすと、絶対に外れず、しっかり固定されて
本当に使いやすくなりました。

17-06-20o-3.jpg

昼食後に綜絖通し。

17-06-20o-4.jpg

夕方散歩から戻って、筬通しまで終えられました。

17-06-20o-5.jpg

夕食後にはいよいよ織り始められそうです〜

粗筬を使い始めてから、巻き取り中に経糸が切れることはなくなりましたっ!
ありがたい〜〜粗筬感謝ヾ(・_・。)

17-06-20o-6.jpg

その前に緯糸を巻いておかねば〜〜これもまた楽し(^o^)






⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
01.09
Mon
17-01-09-02.jpg

昨日から降り続いていた雪も朝方にはやみました。
朝までの積雪は20cmくらいです。

17-01-09-01.jpg

昨晩10時頃のデッキです。
朝の積雪とそれほど変らないようです。

17-01-09-03.jpg

木々の枝に積もった雪がきれいです。

17-01-09-05.jpg

東の空は少しずつ明るくなり・・・・

17-01-09-04.jpg

青空も見え始めています。

17-01-09-06.jpg

朝散歩では家から50mくらいの場所で鹿3頭に遭遇。
めいちゃんの絶叫が森に響き渡ったことと思いますがm(_ _)m

庭にも鹿の足跡がたくさん残っていました。

17-01-09-09.jpg

羽織ものなしでデッキに出ても寒くありません〜いきなりプラス気温の暖かさ。

そこへ今朝もエナガの群れが到来しました。

17-01-09-08.jpg

赤松の瘤がお食事場。

17-01-09-07.jpg

ではまた明日〜〜

17-01-09-11.jpg

最近ネット購入したアメリカ産の大粒ひまわりの種は
シジュウカラに今ひとつ人気がありません・・・

小粒のほうが美味しいのでしょうか?

17-01-09-10.jpg

空腹には変えられぬ?

17-01-09-12.jpg

午後も遅くなってから、ジョンディアの除雪車がやってきました!
今回の積雪はさほどでもなかったので呼ばないと思っていたのですが
有り難いことです

17-01-09-13.jpg

ジョンディアはあっさりと除雪・・・我が家の前までは来てくれませんでした

17-01-09-14.jpg

お昼前にパノラマの湯へ〜
国道もすっかり除雪がすんで、青空が広がってきました。

17-01-09-15.jpg

清里トンネル周辺が一番雪が多いようです。

17-01-09-16.jpg

アイスバーンもあり。

17-01-09-21.jpg

高原大橋もまだ除雪されていませんが
ここまで降りて来ると外気温は+6度もあります。

雪後にこんなに暖かいことは珍しいです。

17-01-09-17.jpg

すっかり雪雲が吹き飛んで、
八ヶ岳もくっきりと望めました。

17-01-09-18.jpg

赤岳の雪は思ったほど多く無さそう〜

17-01-09-19.jpg

普段と変わらない権現岳です。

17-01-09-20.jpg

南アルプス。

昨日は山梨県全域と長野県南部に大雪警報が出て、
河口湖や山中湖周辺ではかなりの積雪予報が出ていましたが、
実際はそれほどの積雪にはなりませんでした。

暖かい青空広がる成人の日となりました。




にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
01.01
Sun
17-01-01-02.jpg

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

2017年が皆様にとりまして輝かしい希望にあふれた一年となりますよう
心よりお祈り申し上げます。

17-01-01-01.jpg

初詣は、地元の赤岳神社へ。
いつも静かな神社ですが今年は珍しく賑やかな家族がたくさん訪れていました!
木立の間からは雪の北岳が見えていました。

17-01-01-03.jpg

そのまま中央道に乗って、目指すは安曇野です。
諏訪湖近くから真っ白な北アルプスが迫り、期待が高まります!

17-01-01-04.jpg

穂高神社周辺は渋滞していて車が大混雑。

大きく迂回して、到着したのは有明山神社です。
有明山神社のご神体は有明山です。
奥社は山頂にあります・・・

17-01-01-05.jpg

素晴らしいた祐明門の彫刻に出会いたくてやってきました。

『明治35年(1902)に日光東照宮の陽明門に模して建てられた祐明門は、
和様に唐楼を混ぜ精巧美麗を極めた切妻軒唐破風付八脚門で、
内外部の彫刻は12支・24孝などを立川流彫刻師清水虎吉が彫り、
格天井絵は京都の画家村田香谷が画いている。
手水舎は飛騨の匠山口権之正の作で、虹梁・天井に彫刻が施されている。』
(神社説明書きヨリ)

17-01-01-06.jpg

連れ合いの干支のイノシシがお気に入り〜瓜坊がかわいいです〜

17-01-01-07.jpg

建造から100年以上経過しても傷みはなく、
生き生きとした動物たちが今にも動き出しそうです。

17-01-01-08.jpg

天井画の白狐様にもご挨拶〜〜

17-01-01-09.jpg

有明山神社の右手に正福寺はあり、
杉の巨木が祀られています・・・

17-01-01-18.jpg

「子宝杉」とも呼ばれています・・・

17-01-01-10.jpg

お寺の東側に魏石鬼の岩屋へと続く道があります。

17-01-01-11.jpg

遊歩道脇の石仏にまたお会いすることができました。

17-01-01-12.jpg
17-01-01-13.jpg

謎多いドルメン「魏石鬼の岩屋」です。

17-01-01-15.jpg

「魏石鬼の岩屋」から5分ほど山道を進むと、
道にほぼ垂直に10m以上も聳り立つ大岩があります。

17-01-01-14.jpg

その大岩の脇にも謎の彫り物が・・・
どうみても石仏を安置できるような形に彫り貫かれています・・・
何も説明らしきものはなし。これも不思議なことです。

17-01-01-16.jpg

山道脇はかなりの急勾配の崖。
崖下でガサゴソと音がしました。

17-01-01-17.jpg

猿?仲良く見つめる白黒コンビです。

17-01-01-25.jpg

さて、安曇野で気持ちいい散歩道といえば、「篠ノ井線廃線跡遊歩道」〜

17-01-01-19.jpg

快晴の暖かい絶好の散歩日和です。
いつもの駐車場に車を停めて、明科駅方面へ歩きました。

三五山トンネルを抜けると〜〜

17-01-01-20.jpg

そこは絶景の北アルプスが待っています!

17-01-01-21.jpg

常念岳。

午後で逆光になってしまいました。

17-01-01-22.jpg

独特の台形をしているのが有明山。

「天照大神が岩戸にこもった際に、
手力男命が岩を投げた時にここに落ち天下が明るくなった山である伝説が、
山名の由来の一説である」そうです・・・

17-01-01-24.jpg

廃線跡散歩は往復で1時間半歩きました・・・・

2017年、白黒コンビの前途は如何に〜〜

17-01-01-23.jpg

今年は「ビビリ」返上「ビビらせ」犬をめざす雪ちゃんです〜〜
(散歩中に突然よその人にダッシュしてビビらせること数回〜〜)

2017年も白黒コンビを温かく見守ってくださいませ
どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m



にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 2 trackback 0
back-to-top