06.18
Mon
18-06-18-1.jpg

時々、小雨が降って空は、一日中雨雲に覆われていました。

今日から湯治生活♨️
雨続きで気功はお休みするのでその代わりに
毎日日帰り温泉で温まり、ちょっとした湯治をしてみよう〜っという試みです。

お湯から戻ると、玄関に何やら円形状のお届け物が。
これはちょっと心当たりのある形状(ドキドキ)

18-06-18-2.jpg

開けてビックリ玉手箱!!!

注文していないので、何かの間違いかと疑ったものの、
思い当たることがありました。

32089160_2057309151259656_3553433023317803008_n.jpg
いつもスピンドルや板杼を作ってもらっている
英国在住のアンドリューさんのフェイスブックに出ていた画像です。

以前から、紀元前などの遺跡から発掘される紡錘車(スピンドル)に興味があって、
一度プリミティブなスピンドルで紡いでみたいと思っていたところでした。

タイミング良い記事だったので「いいね!」を押して、
「こんなスピンドルでコットンを紡いでみたい!」とコメントしたのは
ちょうど3週間前!!!

18-06-18-3.jpg

コメントのお返事はなかったのに、
すぐに制作してくださったみたいです💓
ありがとうございます!!

18-06-18-4.jpg

紡輪は、ひとつがウォルナットらしき木製で
ふたつは、まさか翡翠?ジェイドまたはネフライトらしき石です。

私の好みど真ん中!

18-06-18-5.jpg

実は最近、古いマリの発掘品の紡輪を入手したばかりで、
これに合う紡軸を作ってもらおうか・・・と考えていた矢先でした。
ゾクッとするような以心伝心です。

18-06-18-6.jpg

左二つは、紡輪ではなく、瑪瑙のBビーズですが
紡輪にもなりそうだ・・・と求めたもの。

arakubousuisya.jpg
HP遺跡の深層 21 荒久遺跡の紡錘車からお借りしました)

日本の遺跡からも紡錘車がこんなに出土しているらしいです。

以下抜粋

紡錘車とは
 国分僧寺跡の東に広がる奈良・平安時代の集落である荒久遺跡からは、紡錘車が36個出土しています。

 紡錘車とは、コマのような形をした糸を紡ぐ道具で、
日本では弥生時代~室町時代に使われたとされます。

しかし、遺跡から出土する事例は10世紀以降極めて限られます。

 紡錘車と一括りにしましたが、用語には別称や混用が見られ、注意が必要となります。

 この糸を紡ぐ道具は、「紡錘(ぼうすい・つむ)・はずみ車・紡錘車」などと呼ばれ、
2つの部品に分けられます。

 一つは軸にあたる部分で、糸に撚りをかける回転運動の中心となります。
 「紡軸(ぼうじく)」や「紡茎(ぼうけい)」と呼ばれます。

 二つ目は回転する惰性を大きくし、なおかつ撚った糸が、軸の下位に下がらないよう、
底板の役目も担うおもりです。

 これを「つむ」や「こま」、「紡輪(ぼうりん)」と呼称していますが、
その機能からこの部分を「紡錘車」とすべきと主張するする研究者もいます。
 ただ、遺跡から出土する多くはものの大多数が、軸を失ったこの部分だけであることから、
「紡錘車の紡輪」の意味をこめて「紡錘車」と呼んでいることが多いように思います。

 ここでは、軸部を「紡軸」、おもりを「紡輪」とし、二つが揃っているものを「紡錘車」としておきます。


18-06-18-7.jpg

さて、アルパカの糸紡ぎはますます勢いづき、500g目に突入です♪


⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
06.17
Sun
18-06-17-02.jpg

梅雨の貴重な晴れ間。

清里では朝は濃霧で冷え込んでいたのでストーブを点火したのですが
予報を信じて少し遠出してきました。

やってきたのは美麻村の「麻の館」
新行蕎麦とおやきが目的です〜😋

麻の館から望む北アルプスの残雪もわずか。

18-06-17-01.jpg

美麻村、新行地区の田園風景に心和みます〜

18-06-17-03.jpg

手打ち蕎麦を堪能して外に出ると日暈が迎えてくれました〜
神々しい光のシャワーです✨

今日も応援ありがとうございます!

18-06-17-21.jpg

さて、本当の目的地は、国営アルプスあづみの公園。
始めて訪れる公園です。

公園に到着するころには晴天になって、
日向は30度近くあり、ジリジリと太陽が照りつけてきます・・・

18-06-17-04.jpg

園内放送では、度々「熱中症予防のために水分補給や休憩、帽子着用」を呼びかけていました。

日向を避けて、森の散策路へ入ると、
ひんやりと木陰が涼しく快適。

18-06-17-05.jpg

「山の神」の遺跡で穴掘りする雪ちゃんです〜♪

18-06-17-07.jpg

森の散策路を抜け、急階段を降りると、
渓流沿いの道が続きます〜

18-06-17-08.jpg

乳川のせせらぎの音が心地よく、
清涼感が満喫できます!

18-06-17-06.jpg

渓流沿いの散歩道にサワグルミの大木あり。
今日持ってきたカゴバッグもサワグルミの籠です!

18-06-17-11.jpg

さらに進むと、赤みを帯びた石がゴロゴロしている渓流あり。

18-06-17-10.jpg

18-06-17-13.jpg

江戸時代に素掘りされた水路です。
渓流の音がすばらしいBGM.

18-06-17-12.jpg

快適な森の小径は続き・・・

18-06-17-15.jpg

土石流で流れてきた大岩に驚いたり・・・

18-06-17-14.jpg

18-06-17-18.jpg

キバナノヤマオダマキに見とれつつ・・・

18-06-17-17.jpg

18-06-17-16.jpg

ひらひらと舞うミスジチョウに道案内され・・・

18-06-17-20.jpg

おっかなびっくり空中回廊も歩いてみました〜

18-06-17-19.jpg

素晴らしく整備された美しい公園。
約1時間半歩いて、めいちゃんもちょっと暑さ負け〜

今回は三分の一くらいの散歩で終了。
まだまだいっぱい歩き残したので、また来ます〜

帰路「すずむし荘」で天然ラドン温泉に入って疲れをとり、
充実の梅雨の晴れ間を堪能した1日となりました。

今日の佳き日に感謝です💓



⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
06.15
Fri
18-06-13f-10.jpg

明け方目がさめると、外は土砂降りの雨。
今朝の散歩は、難しそうだなぁ〜っと思いつつ
起きて階下へ降り、いつも通り散歩に出ると〜〜

なんと雨が上がっていました!
ありがたい!助けられています・・・

18-06-13f-11.jpg

今日撮った写真は一枚のみ。
昨日の画像です。

シロツメクサに混ざって、アカツメクサも咲き始めています〜

18-06-13f-08.jpg

周辺のドウダンツツジはすっかり散ったと思っていたら、
まだ咲いている木がありました。

18-06-13f-09.jpg

鈴なりです。

日当たりは良いのに、のんびりとした木もあるんですね・・・

18-06-15a-1.jpg

デッキの近くをウスバシロチョウがふわふわと飛んでいたので
カメラを向けたのですが撮れません・・・・

かわりに目の前に止まったのは、ヤマキマダラヒカゲでした。

18-06-15a-2.jpg

越冬した個体でしょうか、
もう羽がボロボロになっています・・・

18-06-15-1.jpg

さて、アルパカの糸紡ぎはどんどん捗ってしまい、
2日間で300gも紡げてしまいました〜〜
1日100gと決めて紡ぐことにします・・・・(いや、ついつい紡いでしまいますが)



⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
06.14
Thu
18-06-14s-1.jpg

少し雲が広がってきました・・・・
今日1日はなんとか青空が見えています〜

デッキに出ると、目の前の巣箱にシジュウカラが来ています!

18-06-14s-2.jpg

屋根の上で何やら慎重にあたりをうかがっているので
別の家族なのかと見ていると・・・・

18-06-14s-3.jpg

18-06-14s-4.jpg

18-06-14s-5.jpg

18-06-14a-1.jpg

ようやく巣箱の中へ入りました。
一度入ってしまうと、30分以上出てきません。

まだ虫を運び込んでいないようだし、
抱卵中なのでしょうか?

18-06-14a-2.jpg

やっと顔を出したかと思うと、また引っ込みました。

18-06-14a-3.jpg

実はすぐそばの赤松の幹に
コゲラが2羽来ていて、チュンチュンとさえずっているので、
それが気になって、顔を出して見たようなのです😀

18-06-14a-4.jpg

2羽のコゲラは、長い間、追いかけっこをしているので、
カップルなのでしょう〜〜

18-06-13f-04.jpg

いつもの場所で、フタリシズカが咲き始めています〜

18-06-13f-05.jpg

こちらは花が4本も!

18-06-13f-03.jpg

これが普通のフタリシズカさんです💓

18-06-14-1.jpg

さて、アルパカの糸紡ぎを始めたばかりなのですが、
アルパカ100gは、2〜3時間であっという間に紡ぎ終わってしまいます。
ちょっとハイペースになっているので休み休み紡ぐことにしました。

というのも、9月には新しい家族(遠くにいても)が増える予定なので、
そろそろその準備にとりかかろう〜〜っということで色鉛筆など取りいだし・・・

カチッとしたものではなくて、ゆる〜いランダムのパッチがいいかなぁ〜
考えているひとときもまた楽しいものです〜🎶


⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
06.13
Wed
18-06-13f-01.jpg

今日も気持ちよく晴れて暖かくなりました。
青空が気持ちいい〜

デッキで気功をしてからお昼ご飯もデッキでいただきます〜
庭側を見下ろすと、オオヤマレンゲの2輪目が咲いていました。

18-06-13f-02.jpg

こちらは3輪目。

18-06-13f-15.jpg

庭へ降りて正面から。

18-06-13f-16.jpg

肉厚の純白の花びら・・・・芳香も濃い・・・
落雪に負けずにもっと大きくなってくださいね〜

18-06-13sss-1.jpg

さて、紡いでいたベビーキャメル。
800gをすべて紡ぎ終えました!

18-06-13sss-2.jpg

早速ニディノディに巻き取って、
来週の晴れ間に撚り留めします。

初めて紡いだベビーキャメル。
色の薄いヤクが入手できなかったため、
その代わりとして紡いだベビーキャメルでした。
杉綾織りの経糸に使いたいのです。

毛の塊はふわふわ感がありますが、繊維の一本一本の柔らかさについては、
ヤクの内毛の方がずっとソフトです。

ヤクの方が繊維が短いので紡ぎにくいといわれますが
柔らかな毛は、紡ぐ指にも優しくて、やっぱりヤクが好きです💖

18-06-13s-1.jpg 18-06-13s-3.jpg

次にヘンプ紡ぎをする予定だったのですが、
ずっと以前に買い置きをしてあったアルパカが気になります。

気になっているアルパカから紡ぐことにしました。
シルバーグレーです。羽織りものを編む予定で買ってありました。
編みたくなったらすぐに編めるように準備をしておきましょう〜♪

18-06-13s-2.jpg 18-06-13s-4.jpg

古い天秤ばかりを出してきて、まずは100gずつ袋詰め。

18-06-13ss-1.jpg

久しぶりのアルパカですが、指と手がちゃんと覚えていました!

アルパカ・トップも紡ぐのは難しいという人もいますが、
難しいと思うから難しい・・・・簡単で楽しい〜っと思うと、
不思議とその通りに簡単で楽しいのです・・・

コツさえつかめればスイスイ〜〜っと紡げます〜

18-06-13ss-2.jpg

繊維が長いので、ゆっくり丁寧に紡げば、
途中で切れたりする心配も全くナシ!

18-06-13ss-3.jpg

あれよあれよと、夕方までに100gを紡ぎ終えてしまいました〜
う〜〜ん、これはこれでもったいないことです!



⇩いつもポチっと応援ありがとうございます。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 八ヶ岳情報へ にほんブログ村 ハンドメイドブログ 糸紡ぎへ
comment 0 trackback 0
back-to-top